新潟工科専門学校の学費(新潟県で電気技術者・電気工事士を目指せる)

12月 30, 2019

新潟工科専門学校と周辺で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の紹介スライド

新潟工科専門学校と県内で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
新潟工科専門学校●2019年度納入金 98万円~123万円(入学金含む)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

新潟工科専門学校の所在地やアピールポイント

住所:新潟県新潟市中央区長潟2-1-4
最寄り駅・アクセス:「新潟」駅南口から1番乗場発バス 6分 「北谷内」下車スグ

「企業と連携した実習」と「最新の専門技術」で即戦力となる人材を育てる!

企業と連携しながら実際の店舗や学生寮のデザイン、エコハウスの設計・施工、古民家のリフォーム、本物の電柱を使用しての昇柱実習、広大なスケールで行う測量実習などを行い現場での即戦力を身につけます。また、世界標準の最新建築デザインソフト「BIM(ビム)」の授業をいち早く取り入れている学校であり、将来活躍できる最新の専門技術を学べます。これら企業や業界との連携により、NITの学科は、文部科学省より「職業実践専門課程」として認定されており、就職時にも優秀な人材として評価をいただいています。

経済産業大臣指定の認定校・養成施設だから、国家資格を卒業時に無試験で取得できる!

本校では、就職を強力にバックアップする様々な国家資格の取得を目標としています。省庁認定の養成施設であるため、国家資格「第2種電気工事士」は無試験で取得できます。また、一級建築士(要:実務経験4年)、二級建築士(実務経験免除)、建築・土木・造園・管工事施工管理技士(要:実務経験1級5年、2級2年)、電気工事施工管理技士(要:実務経験1級5年、2級1年)のように、受験で必要な実務経験も短縮・免除されます。

全国レベルのデザイン力が身につく!有名コンペに毎年入賞&入選!

業界第一線で活躍する講師の授業や有名建築物の現場見学など、デザイン力を養う授業が豊富。その結果として、新潟県建築士会設計コンペでは専門学校で初めて2年連続大賞を受賞(2014年、2015年)。また、2009年から9年連続入賞という快挙を達成!さらに、JAPANTEXインテリアデザインコンペでは2014年から5年連続の入選。2017年には入賞・入選数全国トップ(入賞・入選数は40作品中6作品)も記録しました。NITなら、全国規模で評価される高いデザイン力が身につきます。

新潟工科専門学校 | スタディサプリ進路