日本医療大学の学費を北海道で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校8校と比較

日本医療大学と周辺で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校の紹介スライド

日本医療大学と道内で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる道内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本医療大学【2020年度納入金】 診療放射線学科/170万円、看護学科/180万円、リハビリテーション学科(作業療法学専攻・理学療法学専攻)/160万円 (入学金30万円を含む。別途、教科書代などが必要)
北海道科学大学 <2019年度納入金(参考)>【工学部】150万円 【薬学部】170万円 【保健医療学部】看護学科170万円、理学療法学科155万円、義肢装具学科165万円、 臨床工学科165万円、診療放射線学科170万円 【未来デザイン学部】118万円 (別途、その他の経費がかかります)
北海道文教大学2020年度納入金 【国際言語学科】119万4160円 【健康栄養学科】134万4160円 【理学療法学科・作業療法学科】163万4870円 【看護学科】183万4870円 【こども発達学科】128万4160円 (委託徴収金含む)
北海道医療大学■2020年度納入金【薬学部薬学科】190万円【歯学部歯学科】410万円【看護福祉学部看護学科】150万円【看護福祉学部臨床福祉学科】99万円【心理科学部臨床心理学科】120万円【リハビリテーション科学部理学療法学科】137万5000円【リハビリテーション科学部作業療法学科】137万5000円【リハビリテーション科学部言語聴覚療法学科】137万5000円【医療技術学部臨床検査学科】145万円 (全学部学科とも初年度の入学金30万円を含む)
北海道千歳リハビリテーション大学【2019年度納入金(参考)】160万円(入学金30万円、授業料130万円)

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる道内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる道内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
札幌医療リハビリ専門学校2019年度納入金(参考)/【理学療法学科・作業療法学科】(昼間部)164万円、(夜間部)134万円 ※その他、教科書代、教材費、実習着代が必要です。特待生制度あり
専門学校北海道リハビリテーション大学校【2020年度納入金(予定)】理学療法学科・作業療法学科160万円、言語聴覚学科130万円 (この他に教材費などの諸経費が別途必要)
札幌リハビリテーション専門学校【2019年度納入金(参考)】 理学療法士科・作業療法士科共通 160万円 (教科書代および個人用具、実習衣等の諸費用が別途かかります)
札幌医学技術福祉歯科専門学校2019年度納入金(参考) 介護福祉士科/105万円 歯科衛生士科/85万円 臨床検査技師科・臨床工学技士科・言語聴覚士科/143万円 理学療法士科・作業療法士科/165万円 (教科書代および個人用具、実習衣等の諸費用が別途かかります)

日本医療大学の所在地やアピールポイント

住所:北海道札幌市清田区真栄434-1 アンデルセン福祉村
最寄り駅・アクセス:地下鉄東豊線「福住」駅から中央バス「アンデルセン福祉村 スクール便」 約20分,JR「新札幌」駅から中央バス「アンデルセン福祉村 スクール便」 約30分,地下鉄東西線「新さっぽろ」駅から中央バス「アンデルセン福祉村 スクール便」 約30分,地下鉄東西線「大谷地」駅から中央バス「アンデルセン福祉村 スクール便」 約20分

実績ある専門学校から発展継承

学校法人日本医療大学は、1993年、高齢者福祉サービスを展開してきた社会福祉法人ノテ福祉会を母体として、多様化する高齢者の医療・ニーズに対応するため、また近隣地域に必要とされる医療人育成を目的に設立。3つの専門学校に7学科を有し、5000人を超える人材を社会に送り出してきました。2014年、専門学校日本福祉看護・診療放射線学院を発展継承する形で、日本医療大学を開学。保健医療学部看護学科を設置。2015年、専門学校日本福祉リハビリテーション学院を発展継承し、保健医療学部リハビリテーション学科を設置。2016年、専門学校日本福祉看護・診療放射線学院診療放射線学科を発展継承し、保健医療学部診療放射線学科を設置しました。

医療と福祉の現場と、教育が一体になった理想的な教育環境

今、日本は4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎え、高齢者への対応が求められています。母体となっている「つしま医療福祉グループ」の医療・福祉の現場と一体になったキャンパスは本学の特長であり、日常的なフィールドワークを通して医療・福祉の精神を養い、高齢者医療の実践を積むことができます。さらに、2018年7月には、医療法人立の病院が加わり、実習やチーム医療の教育が一層充実しています。

医療現場で必要なコミュニケーションスキルが身につく

異なった専門性を持つそれぞれの分野の専門職が知識と経験を持ち寄り、連携から最良の結果を求めるのが現代の医療・福祉です。チームの一員として医療をリードするグループワークスキルとコミュニケーション能力の養成に力を入れています。

日本医療大学 | スタディサプリ進路