芦屋大学の学費を兵庫県で自動車整備士を目指せるその他の学校3校と比較

12月 30, 2019

芦屋大学と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

芦屋大学と県内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
芦屋大学2019年度納入金 135万~150万円(入学金15万~30万円、授業料75万円、施設費45万円を含む) (※入学金の金額は入試制度によって異なります)

自動車整備士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

自動車整備士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
トヨタ神戸自動車大学校2019年度納入金●自動車整備科 124万5000円 ●高度自動車科 128万5000円 ●ショールームスタッフ科 124万5000円 (※各学科、別途諸費用13万円~14万円)
阪神自動車航空鉄道専門学校2019年度納入金/〈自動車整備工学科〉入学金15万円、学費105万円、諸費19万円 合計139万円  〈二輪整備工学科〉入学金15万円、学費105万円、諸費21万円 合計141万円  〈鉄道システム学科〉入学金15万円、学費100万円、諸費11万円 合計126万円 ※選考方法や学費支援制度により初年度最大65万円の減免あり。
日本工科大学校【2019年度納入金】環境建設工学科/合計115万円、建築職人マイスター科/合計115万円、自動車工学科/合計122万円、一級自動車工学科/合計122万円、 AI・ロボット工学科/合計122万円 ★AO入試入学者は入学金(15万円)を免除 ※教科書・製図器具等の実費と後援会費1万2000円(1年分)、学生保険、資料費、行事費、通信費等に使用する費用3万円(2年分)と一部インターンシップや検定等の費用が別途必要です。

芦屋大学の所在地やアピールポイント

住所:兵庫県芦屋市六麓荘町13-22
最寄り駅・アクセス:「芦屋(東海道本線)」駅より学園バスを運行。(約15分),阪急「芦屋川」駅より学園バスを運行。(約20分),「芦屋(阪神線)」駅より学園バスを運行。(約25分)

定員250名の小規模大学。大学では珍しい担任制なので、一人ひとりを手厚くフォロー

1学年250名定員の本学では、学長をはじめとする教職員と学生の距離感が近く、気軽に相談がしやすい環境です。学科別に20名程度のクラスを編成し、各クラス1~2名の教員が担当します。進路や学習内容、大学生活の相談など、本学では学生が困ったときにいつでも相談できる体制を整えています。

2学部3学科11コースからなる専門的な教育。1コース20~30名の少人数制

「臨床教育学部」「経営教育学部」の2学部が3学科、11コースに分かれており、興味がある分野を追究できます。中学・高校教員を目指す「教育学科」、さらに教育学コース、心理学コース、スポーツ教育コース、ダンスコース、地域スポーツ指導者コースから専門分野を選択。「児童教育学科」は幼児教育コース、初等教育コースに分かれ保育士資格(認可申請中)、幼稚園・小学校・特別支援学校教諭の内から最大3つの資格の同時取得(※)を目指します。また「経営教育学科」は経営マネジメントコース、自動車技術コース、バレエコース、技術・情報教員養成コースに分かれ、専門的な学びを深めます。※資格取得の組み合わせには制限があります。

教室から見える景色は絶景!閑静な住宅街の中にあり、静かな環境で学ぶことができます

六甲山の懐にある日本一の高級住宅地として名高い、芦屋市の六麓荘にキャンパスを構え、豊かな緑と自然に囲まれた抜群の教育環境を有しています。多彩な施設を備えたキャンパスからは、美しい芦屋の街並みと大阪湾に沿って神戸から遠く和歌山までを一望でき、抜群の環境の中、キャンパスライフを送ることができます。また、1限の授業開始は10時から。JR・阪急・阪神の駅からスクールバスを運行しているので、遠方からでも通いやすい大学です。

芦屋大学 | スタディサプリ進路