愛知工業大学の学費を愛知県で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校7校と比較

12月 30, 2019

愛知工業大学と周辺で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の紹介スライド

愛知工業大学と県内で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
愛知工業大学【2019年度納入金(参考)】 工学部/159万円、経営学部/138万円、情報科学部/159万円 (詳細は要項をご参照ください)
中京大学【2020年度納入金(予定)】 ●国際学部※(GLS専攻除く) 95万円 ●文学部 135万3000円 ●心理学部 144万円 ●法学部 132万5000円 ●経済学部 132万5000円 ●経営学部 132万5000円 ●総合政策学部 134万5000円 ●現代社会学部 132万5000円 ●工学部 163万円 ●スポーツ科学部 155万5000円 ※2020年4月設置※国際学部1年次秋学期は留学となります。留学の費用は学費に含まれておりません。留学費用は120万~180万円程度を想定しています。
名城大学2019年度納入金/【法学部】104.5万円 【経営学部】104.5万円 【経済学部】104.5万円 【外国語学部】139万円 【人間学部】110.5万円 【都市情報学部】134.5万円 【理工学部】144.5万円 【農学部】148.5万円 【薬学部】210万円
大同大学2020年度納入金(予定) 【工学部】158万1300円 【情報学部/情報システム学科・情報デザイン学科】158万1300円 【情報学部/総合情報学科】138万1300円 (入学金・代理徴収金を含む)
中部大学●2019年度納入金(参考) ■工学部/167万3300円 ■経営情報学部/143万3300円 ■国際関係学部/147万3300円 ■人文学部/147万3300円 ■応用生物学部/167万3300円 ■生命健康科学部/生命医科学科190万3300円、保健看護学科175万5300円、理学療法学科175万5300円、作業療法学科175万5370円、臨床工学科170万5370円、スポーツ保健医療学科162万3300円 ■現代教育学部/142万4660円

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
名古屋工学院専門学校2020年度納入金 昼間部 [情報総合学科/情報システム科/情報処理学科/情報セキュリティ学科/AIシステム科/ゲーム総合学科/ゲームサイエンス学科/ゲームCG学科]122万9000円、 [高度情報学科(基本情報技術者試験合格者対象)]99万9000円、 [映像音響科]118万7000円、 [電気工学科/電業技術学科/電子情報学科/IoT技術学科(2020年4月設置予定計画中)/機械工学科/機械制御科/機械CAD設計科]116万3000円
愛知工業大学情報電子専門学校<2019年度納入金>120万円(全学科全コース共通) ※教科書、教材費等別途必要
東海工業専門学校金山校2020年度納入金/〈昼間部〉【建築工学科】117万円、【建築設備科】117万円、【大工技術科】120万円、【インテリアデザイン科】117万円、【土木工学科】117万円、【測量設計科】117万円、【測量科】114万円、【測量研究科】114万円、〈夜間部〉【建築工学科】71万1000円

愛知工業大学の所在地やアピールポイント

住所:愛知県豊田市八草町八千草1247
最寄り駅・アクセス:リニモ「八草」駅から徒歩 約10分,愛知環状鉄道「八草」駅から徒歩 約10分,「八草」駅から無料シャトルバス 約3分

社会を支えるテクノロジー・提案力を備えた経営知識・最先端の情報技術を身につけます

工学部では、優れたエンジニアの育成を目的とし、電気や応用化学、機械、建築や都市環境を学びます。専門分野ごとに工学の基礎教育を重視。基本となる技術を応用し、実験や実習などで実践力を身につけ、社会への貢献をめざします。経営学部では、企業経営システムとコンピュータ情報技術から、スポーツビジネスの運営と情報管理、世界経済の動向を意識し企画・立案・実行する能力を身につけます。また情報科学部では、コンピュータのハードウェア、ソフトウェア自体とその活用法について学び、技術者・クリエイターや、システム構築の企画・開発・実現を行う人物をめざします。

研究への意欲が増し、ものづくりが楽しくなる、自慢の環境!

誰でも自由に木材や金属加工の機械を使用し、常駐する技術指導員の指導を受けながら、創造をカタチにすることができるものづくり空間「みらい工房」をはじめ、資格取得や就職支援など、愛工大には学生の意欲やキャンパスライフをサポートする制度や施設がたくさんあります。また、学びや研究の成果を社会に還元することを目的に、複数の国際共同研究が進行する「総合技術研究所」や「エコ電力研究センター」、国内の大学では最大級・最新鋭を誇る「耐震実験センター」、東海地域の地震防災研究の拠点にもなっている「地域防災研究センター」、国内でも数少ない最先端の研究施設「応用化学科バイオ環境化学実験棟」など充実した施設・設備を完備。

2019年3月卒業生の実就職率98.0%(全国第2位/東海地区1位)

卒業生に対する高い社会的評価と教員・キャリアセンターによる熱心な就職指導が、長年にわたる高い就職実績を支えています。本学後援組織である「愛名会」会員企業によるバックアップのほか、教員の熱心な就職指導やキャリアセンターのさまざまな支援プログラムなど、学生一人ひとりの主体性を促す総合的なキャリア支援体制により、全国トップレベルの実就職率を維持しています。【2019年3月卒業生の実就職率98.0%(就職1,194名)】 工学部98.3%(就職856名)、経営学部96.3%(就職154名)、情報科学部98.4%(就職184名) ※毎日新聞社「サンデー毎日(2019.8.4発行)」卒業者数1000人以上の全国240大学 実就職率ランキング(大学通信調べ)

愛知工業大学 | スタディサプリ進路