神奈川県・横浜市で栄養士を目指せる学校2校の学費と所在地の一覧

10月 3, 2022

学校紹介スライド

*スライドをタップまたはクリックで次の学校に移動できます

横浜市内で栄養士を目指せる学校の所在地を地図でまとめて確認

横浜市内で栄養士を目指せる学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

横浜市内で栄養士を目指せる私立大学の学費の一覧

横浜市内で栄養士を目指せる私立大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
関東学院大学■2023年度納入金(予定)/<国際文化学部>129万円<社会学部>128万9000円<法学部>136万円<経済学部>127万9000円<経営学部>135万4000円<理工学部>162万5000円<建築・環境学部>166万5000円<人間共生学部コミュニケーション学科>143万9000円<人間共生学部共生デザイン学科>146万2000円<教育学部>146万4000円<栄養学部>146万7000円<看護学部>179万5000円
(要別途学会費、後援会費等。在学中の学費は経済情勢の変動により改訂の可能性あり)

横浜市内で栄養士を目指せる専門学校の学費の一覧

横浜市内で栄養士を目指せる専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
横浜栄養専門学校【2022年度納入金】129万円(入学金20万円、施設費22万円、授業料63万円、実験実習費24万円)※その他の費用として学用品代、傷害保険料、校友会費など2年間で約22万円(2022年度参考)が必要。

横浜市内で栄養士を目指せる学校の一覧(所在地とアピールポイント)

関東学院大学

住所:横浜・金沢八景キャンパス : 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
最寄り駅・アクセス:京急線「金沢八景駅」下車、「関東学院循環バス乗場」から京急バス約5分 人間共生、教育、栄養、看護学部は「関東学院東」、国際文化、社会、経済、理工、建築・環境学部は「関東学院正門」を下車《運休期間あり》
「金沢八景駅」バス停から京急バス 約5分で「内川橋」下車、徒歩約2分。
京急線「金沢八景駅」から徒歩 15分

社会と連携した学びの中で、次の社会を担う力を育てていきます
1884年、横浜山手に創設された「横浜バプテスト神学校」を源流とする歴史と伝統のある大学です。以来建学の精神に由来する実践的な教育を推進してきました。学んだ知識の活用力を身につけるだけではなく、これからの時代に求められる「自ら考え行動する力」を養うため、企業や自治体、地域などと連携した実践的な学びの環境を整えています。さまざまな人々と協働する中で身につけた知識や技術を活用する場を教育に組み込み、これからの時代を生き抜く力、そして、次の社会を担う力を育てていきます。

希望の進路に向け、独自の就職支援Webシステムや就職支援プログラム等でバックアップ
自分の将来や生き方を知るために、1年次よりキャリア形成を目的とした科目「KGUキャリアデザイン入門」「KGUキャリアデザイン基礎I・II」を用意しています。さらに、大学独自の就職情報を提供する「KGU就活ナビ」では、新着求人情報などの情報を携帯電話やPCにリアルタイムに発信するサービスを行っているほか、各企業の卒業生の情報なども検索できるよう情報を開示。また、キャリアカウンセラーの個別指導、実践力を鍛えるプログラムなどを通して、学生が将来の道を自ら選択し、いま自分がどうするべきかを「気づいてもらうこと」を重視したサポートを行っています。

2023年、横浜・関内キャンパス開設予定。「社会連携教育」の拠点を目指す
横浜・関内キャンパスは、社会とつながるキャンパスとして開設予定。夜まで稼働するキャンパスは、学生だけでなく企業・自治体・市民などに開かれた教育プログラムを設置し、イノベーション拠点を目指します。また、社会に開かれたキャンパスとして、ホール、ギャラリー、ラウンジ、コワーキングスペース、ブックカフェなどの施設の市民開放も予定しています。「社会連携教育」拠点として、企業や自治体と連携した多彩な教育プログラムを通じて、横浜開港以来、「国際都市横浜」のイメージを牽引してきた、関内の街全体をキャンパスとした学びを展開していきます。関東学院大学 | スタディサプリ進路

横浜栄養専門学校

住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町1447-1
最寄り駅・アクセス:「東戸塚」駅から西口発バス 5分
「東戸塚」駅から徒歩 20分

実践力重視!実技科目重視のカリキュラムで実務的な力を確実に身につける
食の関心が高まるなか、食についてのさまざまな知識・技術が要求される栄養士。1年次では基礎的科目である栄養学・食品学及び、実験や調理に関わる実習科目を規定時間より多く学び、しっかりとした基礎力を体験的に身につけます。2年次には病院や事業所、福祉施設などで給食管理校外実習を行い、実際の仕事を体験。他にも管理栄養士<国>の受験に必要な科目を取り入れた授業や実務に直結した献立作成、ホテルでのテーブルマナー講習会など、将来役に立つ実践的なカリキュラムが組まれています。

管理栄養士の受験対策や就職のバックアップも万全。個別指導でしっかりフォロー!
1年次から学生の希望調査や適性調査をしっかり行い、学生ひとり一人を確実に把握。個別に面談を行い、常に学生の立場に立った就職指導を行っています。常時開放している就職相談室には、いつでも自由に閲覧できる企業別・過去の採用試験問題等のファイルのほか専用のコンピューターを設置し、企業情報などの情報もリアルタイムで入手可能。また、卒業後の転職や再就職もサポートし、管理栄養士をめざす卒業生を対象とした管理栄養士国家試験受験の対策講習会なども無料で実施しています。

幅広い年代の仲間と共に学ぶ!ひとり一人の絆を感じる学生生活
調理実習や集団給食実習など、クラス全員で協力しあって一つの事を成し遂げることが多い学校生活。高校卒業後そのまま入学する人・短大卒・4年制大学卒・社会人経験者など、さまざまな年代の仲間と共に学ぶことで、実際の勉強以外のことも多く学ぶことができます。入学後すぐに行われるバーベキュー大会は「学生同士が交流でき、先生との距離も近くなる」と大好評。ひとり一人の講師が進路や勉強のことはもちろん、個人的な相談まで快く引き受けてくれる、アットホームな雰囲気の校風です。横浜栄養専門学校 | スタディサプリ進路