山形大学の学費(山形県で電気技術者・電気工事士を目指せる)

12月 30, 2019

山形大学と周辺で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の紹介スライド

山形大学と県内で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
山形大学【2019年度納入金(参考)】 ●学部(昼間)合計/81万7800円(入学金28万2000円含む) ●学部(工学部フレックスコース)合計/40万8900円(入学金14万1000円含む)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

山形大学の所在地やアピールポイント

住所:山形県山形市小白川町1-4-12
最寄り駅・アクセス:JR「山形」駅から徒歩 35分,JR「山形」駅から山形県庁行バス 7分 山形南高前・山大入口 下車徒歩 7分,JR「山形」駅からベニちゃんバス[東くるりん 東原町先回りコース]  約9分 山大前 下車徒歩 0分

「ナスカの地上絵」「有機EL開発」、世界が注目する最先端の研究者が集う

本学には世界が注目する研究者がたくさんいます。例えば、東西20キロ・南北15キロにおよぶ広大なナスカ台地で、今まで報告されていなかった100点以上もの地上絵を新たに発見した坂井教授。南米ペルー共和国に設立された人文社会科学部附属ナスカ研究所において、山形大学ナスカ調査団は、国内外の研究者や学生たちと一緒に、地上絵に関する調査・研究を実施しています。また、携帯電話のディスプレイなどにも使用される有機EL。その開発者でもある城戸教授は世界中の期待と関心を注がれる人気教授の一人。世界レベルの研究室だけに、研究課題や目標設定などにも厳しく、しっかりとした基礎と覚悟が求められます。(C)山形大学ナスカ研究所

大自然がまるごとキャンパス!多彩なプログラム「エリアキャンパスもがみ」

本学は人間教育を重視し、基盤共通教育(初年次共通教育)に力を入れています。その取り組みの一つが「エリアキャンパスもがみ」です。校舎や施設のある「キャンパス」ではなく、県北部・最上地域を自然も含めて丸ごと「キャンパス」と見立て活用します。毎年、基盤共通教育科目「フィールドワーク-共生の森もがみ」を開講し、最上地域約1,800平方キロメートルを舞台に現地の“達人講師”から自然、環境、文化、歴史、それを守り伝える人の人間性を学ぶ現地体験宿泊型プログラムを実施しています。地域の課題を考える事で学生の人間形成を図ると共に、大学と地域双方の人材育成と活性化を目的とし、例年受講生満足度の高い授業として人気です。

学ぶのは学問の知識だけではない。卒業後にも活きる人間性をこの環境で学ぶ

人文社会科・地域教育文化・理・医・工・農と多分野にわたる学部を持つ本学では、総合大学ということで幅広い知識を学ぶことができ、学生たちは様々なことに興味を持つことができます。そんな環境の中で培うことができる、新しいことへの好奇心や専門分野以外の知識は、将来本学を巣立った後にも活きてきます。また、多文化交流として日本人学生と留学生が共に学び、互いの価値観や異文化を知ることで、異文化理解に必要な力を養い、人間性が広がる学生が多数在籍しています。修学支援体制も整っており、学習サポート制度・アドバイザー制度・GPA制度の3つの制度でしっかりサポートし、才能を開花させていく学生を多数輩出しています。

山形大学 | スタディサプリ進路