和歌山信愛大学の学費を和歌山県で保育士・幼稚園教諭を目指せるその他の学校3校と比較

12月 31, 2019

和歌山信愛大学と周辺で保育士・幼稚園教諭を目指せるその他の学校の紹介スライド

和歌山信愛大学と県内で保育士・幼稚園教諭を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

保育士・幼稚園教諭を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
和歌山信愛大学2020年度納入金(予定) 138万円 (入学金・授業料・実習費等を含む)
高野山大学2020年度納入金 126万円(参考) (入学金・授業料・諸経費等を含む。高野山大学奨学金ほかの給付型奨学金制度有り。)

保育士・幼稚園教諭を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
和歌山信愛女子短期大学2020年度納入金(予定) 保育科・122万8000円/生活文化学科 生活文化専攻・121万2000円/生活文化学科 食物栄養専攻・121万8000円 (入学金・授業料・実習費等を含む)

保育士・幼稚園教諭を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
大原情報医療保育専門学校和歌山校2019年度納入金 100万円~102万円 (※実習・演習費、学外研修費等別途必要。コースにより異なるので詳細はお問い合せ下さい。※コースにより納入金の他に教育連携校への学費別途必要) (2・1年制とも)

和歌山信愛大学の所在地やアピールポイント

住所:和歌山県和歌山市住吉町1番地
最寄り駅・アクセス:南海本線「和歌山市」駅から徒歩 13分

小学校・幼稚園教諭、保育士の資格取得と、地元の未来に貢献できる人材を目標に学ぶ

豊かな人間性の育成を目指す『愛の力』、一人ひとりの個性を認め、その可能性を信じて最大限に伸ばせる人材の育成を目指す『信の力』、人と人との繋がりを重視し、地域と社会を支え導く、支援型リーダーの育成を目指す『和の力』の3つの教育理念のもとで教養を深め、小学校教諭一種免許状(国)・幼稚園教諭一種免許状(国)・保育士(国)の資格取得を目指します。また、本学を和歌山地域における教育と振興の拠点として位置づけ、連携協定を結んでいる和歌山市や湯浅町・日高川町と協働した特色のある授業を実施。和歌山県内外の自治体や他大学とも協力しながら、和歌山各地で学習を行います。

少人数制のゼミナールでは、学生の自主性を尊重しながら、ゼミ研究の深化を図ります

ゼミナールは5~10人の少人数制で実施。研究テーマごとの専任教員が、学生の自主性を尊重しながらも、教育・福祉・地域分野の研究深化を促すために徹底した指導を行います。また、キャリア教育にも力を入れ、将来の教育者・保育者を目指す学生が、地域社会において自らが果たすべき立場や役割を踏まえ、多様な生き方に関する様々な情報を適切に取捨選択・活用しながら、自ら主体的に判断してキャリアを形成していくための『教師塾』というカテゴリーの講義も用意しています。校舎は和歌山市中心部の本町小学校跡地に、同小学校をリノベーションして設置。子ども達の息づかいが残る新キャンパスでは、教育の現場に近い環境で学べます。

行政との連携授業と、地域ボランティア活動で、地元に貢献できる人材への助走を開始

行政と連携し、郷土を支える意欲と問題解決力を有し、子どもと地域の未来に貢献する人材を育成する地域連携科目群を設置。「地域力再生論」「地域連携フィールド学習」「地域連携フィールドゼミナール」「地域防災教育論」といった特色のある授業があります。さらに、グループ校の和歌山信愛女子短期大学が和歌山市・県と協力して展開中の子育て支援活動を本学でもより発展させて展開。ほかにも、地域で開催される各種イベントにも学生が主体となってボランティア参加することで、在学中から地域に貢献することの意義を身をもって学び、地元に貢献できる人材への助走を1年次から開始します。

和歌山信愛大学 | スタディサプリ進路