専門学校 東海工科自動車大学校の学費を静岡県で自動車整備士を目指せるその他の学校4校と比較

12月 30, 2019

専門学校 東海工科自動車大学校と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

専門学校 東海工科自動車大学校と県内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
専門学校 東海工科自動車大学校2019年度納入金(参考) 121万円 (入学金・施設費・授業料・実習費を含む、教材費・諸費用は別途必要)
富士メカニック専門学校●2019年度納入金 121万8000円 (教科書・実習服・工具は別途)
専門学校静岡工科自動車大学校【2019年度納入金】(参考)(自動車システム工学科119万1000円、自動車整備科109万8000円 (全学科とも教科書、実習工具、行事などの費用を含む。実習服など購入費約2万円は別途)

自動車整備士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本大学短期大学部【2019年度納入金(参考)】ビジネス教養学科106万円/食物栄養学科126万円/建築・生活デザイン学科150万円/ものづくり・サイエンス総合学科150万円 ※他に校友会費など若干の諸費が必要になります

自動車整備士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本大学【2019年度納入金(参考)】法学部126万円/文理学部<文系学科>129~162万円 <理系学科>166~174万円(学科による)/経済学部124万円/商学部124万円/芸術学部175~195万円(学科・コースによる)/国際関係学部135万円/危機管理学部126万円/スポーツ科学部140万円/理工学部<数学科>169万円 <その他の学科>173万円/生産工学部166万円/工学部166万円/医学部635万円/歯学部690万円/松戸歯学部690万円/生物資源科学部<獣医学科>241万円 <その他の学科>138~166万円(学科による)/薬学部245万円/法学部第二部(夜間部)66万円 (※他に校友会費など若干の諸費が必要)

専門学校 東海工科自動車大学校の所在地やアピールポイント

住所:静岡県浜松市中区中沢町80-14
最寄り駅・アクセス:遠州鉄道「助信」駅から徒歩 9分,「浜松」駅からバスで10分 常楽寺下車 徒歩2分

どんなメーカー・車両にも対応できる実力を身につけ、県内有数企業に就職

本校のある静岡県西部地域は自動車産業の盛んな街。自動車関連企業への就職には、とても恵まれた環境にあります。特定のメーカーにかたよらない授業を行うことで、どの企業に就職しても対応できる技術を身につけるので、就職後のスキルアップにも不安はありません。就職内定状況/静岡トヨタ自動車、静岡トヨペット、トヨタカローラ東海、ネッツトヨタ浜松、ネッツトヨタ静浜、浜松日産自動車、HondaCars浜松、静岡マツダ、スズキ自販浜松、静岡ダイハツ販売、静岡日野自動車、三菱ふそうトラック・バス、トヨタL&F中部、浜松ヤナセ、サーラカーズジャパン、遠州鉄道、太陽建機レンタル、JAF、スズキほか(2019年3月卒業予定者/2018年12月現在)

新校舎で学ぶ最新技術。明るく快適な環境で四輪・二輪自動車の整備技術を習得

明るく開放的な新校舎。快適な環境のなか、四輪だけではなく二輪自動車整備も学べます。もちろん、ハイブリッドカーの『プリウス』や電気自動車『リーフ』、燃料電池自動車『MIRAI』などを導入するなど、時代に応じた実習車両を用意しています。日々進歩する自動車の整備に欠かせない、故障診断器を使用した整備技術など、業界のニーズに応える実践的な教育を行い、人財育成に力をいれています。

自動車整備の現場経験が豊富な教員が常に学生のそばでサポート

学科で学んだ知識を復習しながら進める実習で、着実に知識と技術を身につけます。基本技術はもちろん、応用的な技術までしっかり身につきます。知識と技術がどれだけ定着したか、途中で理解度をチェックしながら学習を進めていきます。また、教員と学生の距離が近いのも本校の大きな魅力。勉強や就職など気軽に相談できる雰囲気は本校の自慢です。身近なだけではなく、学生から各教員の授業を評価する『授業アンケート』を実施して、緊張感のある授業を提供しています。放課後などを利用して、自分の自動車を整備することもできます。

専門学校 東海工科自動車大学校 | スタディサプリ進路