東海調理製菓専門学校の学費を静岡県で調理師・シェフを目指せるその他の学校4校と比較

12月 30, 2019

東海調理製菓専門学校と周辺で調理師・シェフを目指せるその他の学校の紹介スライド

東海調理製菓専門学校と県内で調理師・シェフを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

調理師・シェフを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
東海調理製菓専門学校2019年度納入金(参考) 全学科・コース/133万円 (入学金・施設費・授業料・実習費を含む。併修費を含む・別途はコースにより異なる)
川口調理師専門学校2019年度納入金(参考)  専門課程/84万5000円 [内訳:入学金10万円、授業料46万円、実習費20万円、設備費8万5000円] (※7万円前後が、教材費として別途かかります)
中央調理製菓専門学校静岡校2019年度納入金:136万5000円 (※購買品費別途必要)
中央歯科衛生士調理製菓専門学校●2019年度納入金 高度調理経営学科122万9000円※、歯科衛生学科103万9000円 (※Wライセンス制度は10万円程度別途必要)

調理師・シェフを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
静岡英和学院大学短期大学部2019年度納入金 ■現代コミュニケーション学科/118万4080円 ■食物学科/125万8080円

調理師・シェフを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

東海調理製菓専門学校の所在地やアピールポイント

住所:静岡県浜松市中区板屋町101-11
最寄り駅・アクセス:JR「浜松」駅北口より徒歩 5分,遠州鉄道「第一通り」駅より徒歩 2分

専攻別実習、少人数制、レストラン実習など実践重視の教育体制で高度な技術をマスター

フランス、イタリア、日本、中国料理、カフェフード、洋菓子、パン、洋菓子・パンと、将来の目標にあわせて選べる多彩なコース・専攻を設置。実習は1クラス20~24名の少人数実習を実施。入学から卒業までひとつずつの技術をマスターしてから次へ進む「積み上げ方式」で無理なく着実に技術を身につけます。その上でレストランサービス、ビジネスマナー、ラッピング、カラーコーディネート、経営学など応用力を高める授業も展開。学校併設の研修レストラン「プティ・カザリス」では、学生自らが作ったランチやケーキ・パンを一般のお客様に提供することで、完成度やスピード力が増し、即戦力となる技術を身につけることができます。

チャレンジし続ける先輩でもある先生達。学生には大きな刺激であり、憧れ、目標となる

実習教員は現場で活躍してきた実力派揃い。第一線の現場を知りつくした教師陣がきめ細やかな技術指導で学生1人ひとりの力をひきあげていきます。本校卒業生の教員も多く、調理、製菓、製パン、カフェなど各分野の現場の最前線でキャリアを積み、現在、母校の教員として、学生指導にあたっています。ただ単に授業での知識、技術の指導だけでなく、本校の学生だったからこそ、先輩として伝えられるプロとしての心構えやアドバイスなど、何気ない経験談にも、貴重な学びがあふれています。そして1人の料理人やパティシエとして、日々努力し技術や知識を磨きコンクールにチャレンジし続ける先生達は、大きな刺激であり、憧れ、目標になっています。

調理師と製菓衛生師の「Wライセンス」の取得でスキルアップ

製菓衛生師国家試験合格率は3年連続100%(2017年度合格率100%、124名受験)。万全のサポート体制により高い合格率を誇ります。また、調理師と製菓衛生師、2つの国家資格を取得することで、就職先の幅も広がり、職場でも2つの技術が役立ちます。調理技術科では「調理」と「製菓」、2つの技術を学べ、Wライセンスを目指せます。2年間で料理、製菓、製パン、ドリンク、カフェメニューなど幅広く学ぶ「カフェフードコース」の他、自分の専攻した料理+製菓を学ぶ「専門料理コース」など、目指す目標にあった「Wライセンス」の学びがあります。

東海調理製菓専門学校 | スタディサプリ進路