岡山自動車大学校の学費を岡山県で自動車整備士を目指せるその他の学校1校と比較

12月 30, 2019

岡山自動車大学校と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

岡山自動車大学校と県内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
岡山自動車大学校【2019年度納入金】入学金20万円 授業料50万円 施設設備費20万円 実習費20万円 合計110万円(学友会費として入学手続き時9000円〈入会金6000円と会費3000円〉、後期に会費3000円が必要です。教科書、実習衣、実習靴など本人所有となる物品の購入費、行事費等として約11万円が別途必要です)
岡山科学技術専門学校【2019年度納入金】●全学科/120万円 (上記の金額の他に別途諸経費として12万円~25万円程度が必要です)

自動車整備士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

自動車整備士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

岡山自動車大学校の所在地やアピールポイント

住所:岡山県浅口市鴨方町六条院中2045
最寄り駅・アクセス:JR「鴨方」駅から徒歩 約10分

2016年、30周年記念事業で自動車の性能試験が行えるシャシダイナモメーター導入!

大手ディーラー整備工場の高度な技術に対応するため、現行の自動車整備工場の中でも最新式の車検ラインシステムを導入。ホイルアライメントテスタ、ユニフォミティテスタなど現場で実際に使われている設備と同じ実習環境が整っています。室内で馬力測定ができるシャシダイナモメーターのような最新設備を使った実習で「即戦力」として現場で活躍できる技術の習得をめざします。さらに実習車両は四輪60台、二輪30台で、四輪実習は3~4人に1台、二輪実習は2~3人に1台での実習が可能。「習うより慣れろ!」をモットーに豊富な教材と充実した実習で技術を磨きます。また一級自動車では塗装ブース・フレーム修正機を備えた、板金塗装設備で学べます。

開校以来「一級小型自動車整備士」通算合格率77.6%!全国でトップクラスの実績!

開校以来、国家資格「一級小型自動車整備士」通算合格率77.6%(2017年度受験者11名中6名合格)!一級自動車整備科では、この最難関資格の受験資格を卒業と同時に取得し、実技試験も免除。ハイブリッドカーなど最新の自動車に対応し、環境やエネルギーへの知識を持ったエンジニアである証になります。二級ガソリン自動車整備士・二級ジーゼル自動車整備士の合格率は17年連続で100%(2017年度両資格受験者44名全員合格)。「二級二輪自動車整備士」の一種養成施設の指定を受けていることも特長です。危険物取扱者<国>(乙種第4類)やガス・アーク溶接技能講習修了証など自動車に関連する様々な資格取得も可能。目的に合わせ特別指導も実施しています。

就職率は開校以来1989年から毎年100%。学生の個性に合わせた安心の就職サポート

高度故障診断技術、ハイブリッドカー・電気自動車といった技術の発展から、厳しい不況のなかでも自動車整備士へのニーズは高まっています。本校も、就職率は1989年から毎年100%の実績(2018年3月卒業生就職希望者55名全員就職)。メーカー系列正規自動車ディーラーへは90%以上の学生がメカニックとして就職しています(2018年3月卒業生の就職者55名中53名)。本校は経験豊かな先生陣が業界や対象企業を深く研究。学生一人ひとりの個性を把握し、適性に合わせて就職をサポートしています。そのため、卒業生は自動車業界の企業から高い評価を受けており、2018年3月卒業生に対しても136社(自動車ディーラー73社)から求人が寄せられました。

岡山自動車大学校 | スタディサプリ進路