河原医療大学校の学費を愛媛県で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校2校と比較

河原医療大学校と周辺で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校の紹介スライド

河原医療大学校と県内で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
河原医療大学校【2020年度納入金】看護学科/111万円(入学金15万円含む)、理学療法学科・作業療法学科/152万円(入学金30万円含む)、歯科衛生学科/85万円(入学金15万円含む)、歯科技工学科/87万円(入学金15万円含む)、診療情報管理学科/86万円(入学金15万円含む) ※理学療法学科・作業療法学科は、人間総合科学大学人間科学科(通信教育課程)との併修制度を利用する場合、別途併修費用が31万円必要 (※パソコン代、テキスト代、ユニフォーム代、実習費等別途必要)
愛媛十全医療学院【2019年度納入金】入学金/50万円、授業料/80万円、施設充実費/20万円、実験実習費/30万円、維持費/10万円、合計/190万円※前期・後期分割納入制度、特待生制度があります。 (諸経費が別途必要になります)
四国中央医療福祉総合学院【2019年度納入金】〈理学療法学科・作業療法学科・言語聴覚学科〉入学金40万円、授業料75万円、施設整備費30万円、実験実習費30万円、合計175万円/〈看護学科〉入学金15万円、授業料60万円、施設整備費20万円、実験実習費8万円、合計103万円

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

河原医療大学校の所在地やアピールポイント

住所:愛媛県松山市花園町3-6
最寄り駅・アクセス:「松山市」駅から徒歩 3分

一人ひとりに合わせた指導で現場で求められる知識・技術・人間力を身につける

入学前サポートプログラムを中心に高校の学習の学び直しを行い、さらに学生一人ひとりの状況に合わせた個別指導で1年生から国家試験合格に向けたフォローを行います。さらに、「看護学科」「理学療法学科」「作業療法学科」「歯科衛生学科」「歯科技工学科」「診療情報管理学科」の6つの医療系学科が連携し、自分の所属する学科だけでなく、他学科の医療専門職からも学べるカリキュラムを設定。他の医療分野を学び、将来のチーム医療の一員としての意識を在学中から育みます。4年制の理学療法・作業療法の2学科は、人間総合科学大学人間科学科(通信教育課程)との大学併修制度により、別途124単位の履修で卒業と同時に学士の称号が得られます。

学内・学外を通して行う実習で、必要な知識と技術を身につけて就職につなげます

一日の病院見学実習から、8週間の長期臨床実習まで、実習の期間・内容ともに充実しており、在学中から実際の現場で求められる実践力が身につきます。授業で身につけた「人体の構造」を深く理解するために、愛媛大学医学部で解剖を見学する実習を行っています。他にも理学療法学科・作業療法学科・歯科衛生学科で行われる看護教員による「看護学概論」、理学療法学科・作業療法学科の実際の患者様を受け持つ「臨床実習」、全国でも珍しい歯科技工学科の「顎顔面技工実習」など、学内・学外実習の時間を厚くとることで、現場で求められる基本の技術を身につけることができ、就職にも有利になります。

松山市駅から徒歩3分!明るい校舎には本物の病院さながらの実習施設を完備

本物の病室さながらの看護実習室には、脈拍の異常や心臓などの音の乱れを忠実に再現した最新式のモデル人形も完備。実習室は授業だけでなく自主練習でも使うことができます。また、身体の動きを科学的に解析する三次元動作解析装置などの最新設備も備え、高度化する医療に対応できる能力を身につけます。歯科衛生学科では、本物の歯科治療台が並ぶ実習室で歯科医院をイメージしながら技術を学ぶことができます。歯科技工学科では、専用の作業台が1人1台備わった技工実習室を完備。最新のCAD/CAMシステムも導入しており、技工物を製作します。校舎は伊予鉄道「松山市駅」から徒歩3分の好立地で通学にも便利です。

河原医療大学校 | スタディサプリ進路