中日本自動車短期大学の学費を岐阜県で自動車整備士を目指せるその他の学校1校と比較

12月 30, 2019

中日本自動車短期大学と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

中日本自動車短期大学と県内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
中日本自動車短期大学【2019年度納入金】自動車工学科/134万円(入学金20万円、授業料90万円、施設設備費24万円) モータースポーツエンジニアリング学科/144万円(入学金20万円、授業料100万円、施設設備費24万円)
高山自動車短期大学2019年度納入金(参考)/129万円 (入学金21万円、学納金108万円<年> 他に校友会費等、約4万4000円が別途必要)

自動車整備士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

自動車整備士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

中日本自動車短期大学の所在地やアピールポイント

住所:岐阜県加茂郡坂祝町深萱1301
最寄り駅・アクセス:「新鵜沼」駅からスクールバス 15分,「美濃太田」駅からスクールバス 10分

広大なキャンパスに全国トップレベルの設備。多種多様な車で実習ができる

東京ドーム2個分にあたる8万7635平米の広大な敷地面積が自慢の本学。全国にある自動車整備士養成校の中でも、最大クラスの規模を誇ります。キャンパス内にある1号館から9号館には、様々な自動車を扱う実習設備を完備。陸運局長認証の車検場として使える点検・計測設備をはじめ、ミリ単位まで計測できるフレーム修正機、本格的な塗装ブース、エンジン実習設備など、その充実度は全国トップレベル。また、安くておいしい学食や、友だちとゆっくりくつろげるラウンジのある学生ホール、遠方からの学生のための学生寮など、キャンパスライフを楽しく快適に過ごせる環境も整っています。

OB達が築いた圧倒的な就職実績。就職情報センターを設置し一人ひとりの就職をサポート

就職率の高さも、NACの自慢の一つ。その秘訣は、1年次の4月から2年次の4月まで計8回行われる就職ガイダンスと、就職・求人情報をいつでも検索・閲覧できる就職支援システム「NACS」。また、本学には、200社以上の全国の自動車関連企業で構成される「日本ライン会」という後援組織があり、11月に開催される大規模な学内企業説明会「産業講座」などを通じて、学生を完全バックアップしてくれます。さらに、全国に2万5000人いるOB・OGが、皆さんの就職活動を徹底サポート。自動車メーカー、ディーラーはもとより、開発会社、JAFなどの各種団体、損害保険会社などへも就職しています。

スキのない試験対策で高い資格取得率を維持。2級自動車整備士なら最短2年でゲット

国土交通省認定大学の本学では、2級自動車整備士(ガソリン、ジーゼル)の受験資格が、最短の2年間で取得できます。また、専攻科において「1級小型自動車整備士」「自動車車体整備士」の受験資格が取れる他、ガス溶接技能講習や中古自動車査定士等、在学中の資格取得を目指せます。もちろん、できるだけ多くの学生に合格して欲しいから、資格取得のバックアップ体制も万全。試験直前の3月に、合宿形式で行われる「春期実力養成ゼミ」では、弱点の克服にポイントを置いて学習し、合格へ向けてラストスパート。その結果、2級自動車整備士、1級小型自動車整備士、自動車車体整備士などにおいて、毎年高い資格取得率を誇っています。

中日本自動車短期大学 | スタディサプリ進路