北海道中央調理技術専門学校の学費を北海道で調理師・シェフを目指せるその他の学校8校と比較

12月 30, 2019

北海道中央調理技術専門学校と周辺で調理師・シェフを目指せるその他の学校の紹介スライド

北海道中央調理技術専門学校と道内で調理師・シェフを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

調理師・シェフを目指せる道内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
北海道中央調理技術専門学校2019年度納入金/調理技術専攻科83万円、調理師科82万円 (施設維持費、教材費、教育研修費は別途)
札幌スイーツ&カフェ専門学校2019年度納入金 84万円 (※教材実習費及びその他の費用別途)
光塩学園調理製菓専門学校【2020年度納入金】 全学科/121万5000円(実習費・教材費等を含みます。ただし、給食費(昼間部)は別途必要です。海外研修旅行の参加希望者は旅行費が別途必要です。)
札幌ベルエポック製菓調理専門学校2020年度納入金/製菓・製パン・ショコラ科138万円、製菓・調理師科141万円、スイーツ・フード実践科140万円、カフェ科134万円 (入学金10万円、授業料43万円、施設維持費25万円、総合演習費45~52万円/その他諸費用)
札幌観光ブライダル・製菓専門学校2019年度納入金(参考) 全学科/99万円 (その他、教材費・研修費は別途)
函館短期大学付設調理製菓専門学校【2020年度納入金】 調理師科/98万円、製菓衛生師科/102万円 (各科とも入学金、授業料、実習費、諸経費すべてを含んだ金額です)
経専調理製菓専門学校【2020年度納入金】 両学科とも110万円 (教材費・諸費別途)

調理師・シェフを目指せる道内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
釧路短期大学2020年度納入金 【全学科】104万円 (※このほか、学外実習費などが別途必要)
函館短期大学【2020年度納入金】 111万3000円 (内訳/入学金15万円、授業料94万円、諸費2万3000円)

調理師・シェフを目指せる道内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

北海道中央調理技術専門学校の所在地やアピールポイント

住所:北海道札幌市豊平区月寒西3条6丁目1番20号
最寄り駅・アクセス:「月寒中央」駅から徒歩 7分

一番の特長は納入金の安さ。数々の奨学金・給付制度も。学ぶ意欲をしっかりサポート!

施設維持費や研修費・教材費を含んだ、透明性のある納入金金額(調理技術専攻科/2年制・総額192万円、諸経費など含む、調理師科/1年制・総額101万円、諸経費など含む)で設定しており、非常に低額な学費というのが特長。また、独自の奨学金やサポート制度も充実。最大50万円給付の返済義務のない奨学金、推薦入学で納入金の一部が免除になる「推薦入学制度」、親または兄弟姉妹に在校生や卒業生がいる場合には納入金10万円が免除となる「同窓子弟入学制度」も。そのほか、アパートや下宿をお得な条件で紹介される「山口学園住まいの紹介制度」も利用可能です。

調理未経験でももちろんOK!業界の第一線で活躍する実技講師陣が基本から指導!

講師には有名ホテルの総料理長をはじめ、日本料理・西洋料理・中国料理・製菓など各分野を代表する道内トップレベルのスペシャリストが多数集結。調理がまったくの未経験でも、毎日の実習で即戦力となる技術を指導してくれるので、基本からしっかりと学ぶことができます。卒業までにじっくりとプロのテクニックを身につけることで、希望の就職を実現します。

楽しむときは思いきり楽しむ校風が魅力。豊富なイベントも特長です。

キャンパスライフは、メリハリがしっかりして授業もサークル活動も「楽しむときは思いっきり!」がモットー。特に「きたえーる」で行われる「スポーツの日」は、仕事に欠かせない体力を養います。その他、旅行イベントも充実。新入生全員が参加する1泊2日の「宿泊研修」では、鶴雅リゾートにて「農業体験・厨房見学・美食満喫」で親睦を深めることができます。また約4~5日の旅程で、東京・横浜・京都・大阪のレストランや料亭を巡り、一流の料理を見て、食べて、感じて、技とセンスを磨く「国内研修(希望者のみ)」も実施しています。

北海道中央調理技術専門学校 | スタディサプリ進路