群馬動物専門学校の学費を群馬県でトリマー・動物看護師を目指せるその他の学校2校と比較

12月 30, 2019

群馬動物専門学校と周辺でトリマー・動物看護師を目指せるその他の学校の紹介スライド

群馬動物専門学校と県内でトリマー・動物看護師を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

トリマー・動物看護師を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
群馬動物専門学校●2020年度納入金(予定)/96万円(実習費等を含む)※授業料については前期後期分納可 ※このほかに教材一式、基本教科書、ユニフォーム代などが必要になります
高崎動物専門学校■2019年度納入金(予定)【動物看護コース】113.5万円。【プロトリマーコース】99.5万円。【ビヘイビア(しつけ)インストラクターコース】99.5万円。【ドッグトレーナーコース】99.5万円。【ペットケアペットショップコース】99.5万円。【トップブリーダー(飼育)コース】99.5万円。【動物総合コース】99.5万円。 (入学金、授業料、設備費を含む。<コースによって異なります>)
中央情報経理専門学校●2019年度納入金【医療系】99万円【保育系】96万円(近畿大学九州短期大学通信教育部保育科の併修費27万9000円別途)【税理士系】99万円【経理系】99万円【動物系】108万円

トリマー・動物看護師を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

トリマー・動物看護師を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

群馬動物専門学校の所在地やアピールポイント

住所:群馬県前橋市元総社町108
最寄り駅・アクセス:「新前橋」駅から徒歩 5分

1年次には基礎を、2年次にはコース選択で専門性を高め、実践に強い人材を養成

本校では、動物と接するために必要な動物全般の知識と技術の習得を目指すため、分科した専門コースではなく“動物総合学科”としてカリキュラムを組み実施しています。学びの柱となるのは、『トリマー』・『動物看護』・『しつけ』の3つ。これらを2年間でしっかりと学び、ペット業界で活躍できる確実な“基本スキル”と“応用力”を習得します。ペット社会が変化する中で、業界で活躍する人材の質が問われるいまこそ、授業・実習で高い能力を磨いた真のプロフェッショナルが求められているのです。本校では、人と動物が幸せに暮らせる社会作りまでも強く意識し、学生のみなさんを養成しています。

『夜間救急動物病院』『世界の名犬牧場』など実際に使われている施設で授業ができる

2012年4月、敷地内に群馬県獣医師会有志と本校のパートナーシップにより、『夜間救急動物病院』が設立されました。昼間は実習施設として本校の学生たちが活用しています。本当の病院でより実践的な授業・実習を行うことができるため、動物医療の現場で即戦力となれる知識や技術を養うことができます。また、『世界の名犬牧場』として第2キャンパスの広大な敷地内に、70種・300頭の名犬が勢ぞろい! ドッグステージ・ペットショップ・グルーミング&エステルームなどを備え、実際にショップでの飼育管理実習なども行うことができ、実習キャンパスとして利用しています。

学生と向き合い「ここで働きたい」という希望実現のため、進路選択を完全バックアップ

本校は1989年に開校した動物専門の教育機関。30年以上の人材育成の歴史、そして実績と信頼があります。もちろんたくさんの学生がここで学び就職し、『群馬動物専門学校の卒業生』として多方面で活躍しています。例えばペットショップ、ペットサロン、動物病院、動物関係施設など、群馬県内を中心とした地域で活躍しています。就職サポートは1年次よりスケジュール化され、インターンシップや各種就職対策講座などきめ細かいカリキュラムを組んでいます。目指すは学生全員が希望通りの就職を果たし、長くその職業で活躍し、社会に貢献すること。そのために学生一人ひとりとじっくり向き合い、適切な進路選択を完全バックアップいたします。

群馬動物専門学校 | スタディサプリ進路