群馬調理師専門学校の学費を群馬県で調理師・シェフを目指せるその他の学校4校と比較

12月 30, 2019

群馬調理師専門学校と周辺で調理師・シェフを目指せるその他の学校の紹介スライド

群馬調理師専門学校と県内で調理師・シェフを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

調理師・シェフを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
群馬調理師専門学校●2019年度納入金 107万円(入学金・授業料・設備費・実習費が含まれます。ただし教科書・白衣・包丁代等は含まれていません)
東日本栄養医薬専門学校●2019年度納入金 栄養士学科:108万円 医薬学科:118万円(入学金・授業料・設備費・実習費が含まれます。ただし教科書・白衣・包丁代等は含まれていません)
中央農業大学校2018年度納入金/109万円(※別途教材費がかかります)
東日本調理師専門学校●2019年度納入金【昼間部】107万円、【夜間部】58.5万円(教科書・白衣・包丁代等は含まれていません)

調理師・シェフを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
桐生大学短期大学部2018年度納入金(参考) 【生活科学科】135万5000円 【アート・デザイン学科】129万5000円

調理師・シェフを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

群馬調理師専門学校の所在地やアピールポイント

住所:群馬県前橋市小屋原町1145-1
最寄り駅・アクセス:「駒形」駅から北口を出て徒歩 7分

料理の特徴に合わせた、プロと同じ専用調理実習室を設置

西洋料理・日本料理・中国料理・集団調理・カフェそれぞれの専用実習室を設け、プロの調理師が使うものと同じ施設で実習を行うことで、卒業後に即戦力となる人材を育成します。包丁を握ったことのない人でも、包丁研ぎ・野菜の切り方などから段階を追って先生方が丁寧に指導。調理実習の他に、「食品衛生学」や「栄養学」なども学び、卒業時に調理師免許を取得することができます。また、調理高度テクニカル学科(2年制)では1年次に西洋・日本・中国料理・応用調理(病院食、学校給食等)の基礎を学び、2年次には専攻に分かれ、より高度な技術を習得することができます。さらには独立した時に必要なサービス・デザインなどの勉強も行います。

創立50年以上の歴史の中で、卒業生のネットワークを活かした就職指導を展開

本校では、全国・海外の調理業界で活躍する卒業生のネットワークを活かし、西洋料理・日本料理・中国料理・応用調理それぞれの実習担当・担任の先生によるきめ細かな就職指導を展開。企業の担当者による就職ガイダンスの開催も行っています。企業からの求人票は常時閲覧可能。国家資格であるレストランサービス技能士3級や介護食士2・3級などを目標資格に掲げ、マルチに活躍できる調理師を目指します。豊富な学費支援制度もあり、学費を安く抑え、意欲のある人には学びやすい環境を整えています。

学校行事、サークル活動、短期留学や海外研修旅行で意欲のある人をバックアップ

本校では、フランス・イタリア・中国などの特別講師による料理講習会や、西洋料理・中国料理・懐石料理のテーブルマナー実習、ボウリング大会などの学校行事を実施。また、サービスクラブ・イタリア料理・フランス料理・カフェほか様々なサークル活動も盛んで、普段の授業以外でも様々な知識と技術を習得できます。また、フランスの調理製菓学校と姉妹校提携し、調理高度テクニカル学科の希望者を対象とした短期留学や海外研修旅行を毎年実施。短期留学では姉妹校学生との実習や現地のお店での企業研修などを経験することができます。海外研修旅行では姉妹校教授による特別授業などを経験し、本場の技術を学ぶことができます。

群馬調理師専門学校 | スタディサプリ進路