立命館アジア太平洋大学の学費(大分県でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる)

12月 31, 2019

立命館アジア太平洋大学と周辺でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の紹介スライド

立命館アジア太平洋大学と県内でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
立命館アジア太平洋大学2019年度納入金/145万8000円(入学金13万円を含む)

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

立命館アジア太平洋大学の所在地やアピールポイント

住所:大分県別府市十文字原1-1
最寄り駅・アクセス:「亀川」駅から立命館アジア太平洋大学行 大分交通バス 約15分,「別府(大分県)」駅から立命館アジア太平洋大学行 亀の井バス 約35分,「別府(大分県)」駅から立命館アジア太平洋大学行 大分交通バス 約35分

学生の2人に1人が留学生。日本屈指の多文化教育環境であなたは変わる。

世界約90カ国・地域から集まる留学生は、ともに学ぶクラスメイトであると同時に、ライバルでもあり、世界情勢を教えてくれる先生でもあります。キャンパスには日々数多くの言語が飛び交い、さまざまな文化や考え方に触れ、それらを自らの成長の糧にしていくことができます。また、約50カ国・地域の留学生と日本人学生がともに暮らす国際教育寮「APハウス」では、留学生と寝食をともにするなかで国境を越えた絆が生まれ、世界を生き抜く力を養う、海外留学以上に刺激的な生活が待っています。授業や課外活動など学生生活のすべてにおいて自分とは違った文化に触れることで、学生たちは大きく成長していきます。

それぞれの学部で国際認証を取得。世界水準の教育を提供。

世界各国・地域の文化と言語、そしてさまざまな志や価値観が交差・融合するAPU。地球をそのまま凝縮したような多様性に満ちたフィールドで、大きな志を形にしていくための情熱あふれる学びがアジア太平洋学部、国際経営学部の2つの学部で繰り広げられています。これらの学部は、それぞれ国際認証を取得。国際経営学部はマネジメント教育の国際的な認証評価機関であるAACSB Internationalより世界でも最高水準の教育を提供する教育機関として認証を受け、アジア太平洋学部は国連世界観光機関より観光教育機関向けの認証を取得しました。世界水準の教育を通して、学生たちは国際社会で活躍できる力を磨きます。

APUだからこそ実現できる国際舞台への進路。自分の未来を変える。

世界基準の学びや経験と、多様な価値観のなかでのぶつかり合い、競い合う中で身につけた、「自ら考え、行動する」というAPU生のコミュニケーション能力や積極性は、ビジネス界をはじめとした様々なフィールドから支持を得ています。4年間の学生生活における自主的かつ創造的な活動を通じて、組織性や社会性、豊かな表現力や鋭敏な感性を養っていくことが自らのキャリアプランの実現に繋がっています。総数1万人を超える卒業生は、世界中で大きな志を形にし、国際社会にその「志」のネットワークを広げ続けています。

立命館アジア太平洋大学 | スタディサプリ進路