大阪アミューズメントメディア専門学校の学費を大阪府で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校14校と比較

大阪アミューズメントメディア専門学校と周辺で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校の紹介スライド

大阪アミューズメントメディア専門学校と府内で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

漫画家・アニメーターを目指せる府内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
大阪アミューズメントメディア専門学校●2019年度納入金 ゲームプログラマー学科/138万円、ゲームプランナー学科/138万円、ゲーム・アニメ3DCG学科/138万円、キャラクターデザイン学科/138万円、アニメーション学科/120万円、マンガイラスト学科/125万円、ノベルス文芸学科/120万円、声優学科/127万円 (その他、教材費等が別途必要)
大阪デザイナー専門学校【2020年度納入金】134万円(入学金17万円、授業料94万円、諸費用23万円) (授業料は前・後期分割納入可。※教材・研修費別途)
日本コンピュータ専門学校【2019年度納入金】〔全学科〕127万円 ※奨学金制度で最大57万円の学費免除 (※教材費などが別途必要です)
近畿コンピュータ電子専門学校2020年度納入金(予定) 122万円
大阪情報コンピュータ専門学校2020年度納入金/105万円(延納・分納も可) (入学金12万円を含む ※その他、教科書代・新入生合宿費用・学生保険料が別途必要。)
大阪アニメーションカレッジ専門学校2020年度納入金 135万円 (教材費等別途必要)
HAL大阪■2019年度納入金 昼:96万円~153万3000円(入学金含む)、夜:46万円(入学金含む)
ビジュアルアーツ専門学校・大阪【2020年度納入金】昼間部/135万~138万5000円(入学金18万円、授業料94万円、設備費22万~25万5000円、校友会費8000円、学生補償制度費2000円) (教材、研修費別途。)
大阪総合デザイン専門学校【2019年度納入金】134万円(入学金17万円、学費117万円) (※2019年度現在 ※2019年度以降、学科・専攻を変更する場合がございます。)
大原情報デザインアート専門学校2019年度納入金 116万円(※実習・演習費、学外研修費等別途必要。コースにより異なるので詳細はお問い合せ下さい)

漫画家・アニメーターを目指せる府内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
大阪芸術大学短期大学部2019年度納入金 【メディア・芸術学科】132万円 【デザイン美術学科】133万円 【保育学科】118万円 (全て入学金・授業料・施設設備費含む)

漫画家・アニメーターを目指せる府内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
宝塚大学2019年度納入金/東京メディア芸術学部:170万円 (入学金20万円、授業料・施設費・維持費150万円)、看護学部:190万円 (入学金30万円、授業料・施設費・維持費160万円)
大阪芸術大学【2020年度納入金】文芸学科/145万円、初等芸術教育学科/150万円、アートサイエンス学科/165万円、美術学科・デザイン学科・建築学科/172万円、芸術計画学科・舞台芸術学科/177万円、工芸学科・写真学科・映像学科・キャラクター造形学科・放送学科/179万円、音楽学科・演奏学科/215万円 (初年度のみ入学金28万~33万円含む)
大手前大学【2019年度納入金(参考)】○現代社会学部 ○総合文化学部 ○メディア・芸術学部 入学金27万円、授業料78万円、教育充実費24万円 合計129万円 ○健康栄養学部 入学金27万円、授業料80万円、教育充実費45万円 合計152万円 ○国際看護学部(2019年4月設置) 入学金27万円、授業料100万円、教育充実費62万円 合計189万円
大阪成蹊大学「2020年度納入金(予定)」経営学部(経営学科130万1160円、国際観光ビジネス学科147万9160円、スポーツマネジメント学科130万1160円)   教育学部/148万7160円 芸術学部/173万1160円(専願入試手続者は奨学金給付により153万1160円)

大阪アミューズメントメディア専門学校の所在地やアピールポイント

住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-12-19
最寄り駅・アクセス:阪急京都線「南方(大阪府)」駅下車 徒歩3分,地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅下車 徒歩2分,JR「新大阪」駅下車 徒歩8分

プロの現場でプロの制作に参加! 就職・デビューを実現!

本校では、AMGグループとの連携により、映画やドラマ、そしてゲーム、出版書籍、アニメ、ボイスドラマまで、企業や在校生・卒業生と共にコンテンツを生み出す体制を確立。AMGグループは、オリジナルのコンテンツを制作する機能を備えているため、それらの作品に本校の学生も参加することができます。在校中からプロと一緒に仕事をしながら実力をつけ、技術や意識を学ぶだけでなく、就職やデビューに活かすことができるのが、本校の強みです。AMGグループが、業界の最前線で活躍できる卒業生を数多く輩出している理由がここにあります。

業界直結! 就職・デビューシステム

本校の進路指導室では、就職の専任スタッフが、学生本人の主体性を重んじたプログラムを準備し、一人ひとりの適性を見極めて、きめ細かにサポートします。また、本校では、各分野で優良な企業との密接なネットワークを活かした、万全の就職・デビュー支援を行っています。学内で開催する企業説明会やオーディションだけでなく、在校生の制作発表会などに、有名企業のクリエイター・人事担当の方や業界で活躍する卒業生が数多く来校し、在校生の作品を見てくださいます。これにより、早期に就職・デビューを決めることができます。

業界の第一線で活躍するトップクリエイターによる特別講義を多数開催/AMGグループ実績

新しいメディアや技術の登場、ニーズの変化とともに、エンタテインメントの世界は新しい才能を求めています。本校の講師はすべて業界に精通したプロフェッショナル。常に最新の情報と技術、情熱を持って伝え、最前線で活躍できるプロに育てます。また、業界で注目されているクリエイターを招いた特別講義・ゼミを毎年、数多く実施。2018年度には、株式会社カプコン岡部眞輝プロデューサー、『甲鉄城のカバネリ』『進撃の巨人』などを手掛けた中武哲也プロデューサー、人気イラストレーターの加藤アカツキ氏、月刊アフタヌーンの鈴木副編集長、新潮文庫nexの高橋編集長など、第一線のクリエイター・編集者に講義を行っていただきました。

大阪アミューズメントメディア専門学校 | スタディサプリ進路