西日本調理製菓専門学校の学費を岡山県で調理師・シェフを目指せるその他の学校2校と比較

12月 30, 2019

西日本調理製菓専門学校と周辺で調理師・シェフを目指せるその他の学校の紹介スライド

西日本調理製菓専門学校と県内で調理師・シェフを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

調理師・シェフを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
西日本調理製菓専門学校【2020年度納入金】入学金/16万円、授業料/63万2000円、実習費/16万8000円、教育充実費/9万円、維持管理費/16万円、合計/121万円 ※別途、校具代・教科書代などが必要となります
専門学校岡山ビジネスカレッジ【2020年度納入金】<田町キャンパス>医療事務学科/ブライダル学科…88万円、ファッション学科…90万円 <岩田町キャンパス>営業スペシャリスト学科/英語コミュニケーション学科…88万円、CG・Web・アニメ学科/愛犬美容・看護学科/介護福祉学科…90万円 <岩田町キャンパス>パティシエ学科/和食調理学科…106万円 (入学金含む。研修・教材費などが別途必要)

調理師・シェフを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
山陽学園短期大学【2020年度納入金】2年コース:104万円 3年コース:78万円 (入学金25万円を含む)

調理師・シェフを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

西日本調理製菓専門学校の所在地やアピールポイント

住所:岡山県岡山市北区大供3-2-18
最寄り駅・アクセス:JR「岡山」駅から東口を出て南へ徒歩 10分

レストラン実習やカフェ経営実習を通じ、現場と同じ環境で実践力を身につけます

現場主義のニシチョウでは、現場と同じ環境を再現して学ぶ場を用意しています。総合調理専攻科の「レストラン実習」は、学生の中から料理長(責任者)を決め、料理長を中心にチーム全体で実習に取り組み、日本・西洋料理のランチを提供。調理師とお客さまの2方向の視点から、調理時間・完成度・サービスなどの項目をチェックし、より良いサービスを追求します。「カフェ経営実習」は、パティシエ・ブランジェ科、Wライセンスコースで実施。学内カフェ“Happy×Happy”にお客さまを迎え、実践的な実習を行います。個々の技術とチームワークを発揮して、ケーキや焼き菓子、カフェフードなどを製造・調理。商品の陳列から接客・販売までを行います。

面倒見の良さが魅力です!食のプロフェッショナルとしての自立をバックアップします

ニシチョウがめざすのは、創造力豊かな食のプロフェッショナルを育成すること。そのためにさまざまなバックアップ体制を整えています。卒業まで同じ教員・メンバーで学び、学生一人ひとりに対しより細やかな指導を行う少人数制の「基礎ゼミ」。業界経験豊富な教員や仲間と、業界の最新トピックスについて議論を交わすことで、コミュニケーション能力や、自ら考え問題を解決する能力を身につけます。朝食サービス(1食200円)、メール相談や教員とのランチ会などのサポートも充実。ネイティブ教員による実践英語レッスン(希望者/無料)も好評です。

専門技術だけでなく、就職についてもあらゆる視点でサポートします

親身な就職サポートで、毎年高い就職実績を誇るニシチョウ。「キャリアプランニング」「コミュニケーション能力」という授業を実施し、企業の採用担当者に「会いたい」と思ってもらえるような履歴書の書き方、模擬面接や企業へのアプローチ方法などを指導しています。また、多くの企業がニシチョウの学生のために学内企業説明会を開催。内定獲得へとつながっています。

西日本調理製菓専門学校 | スタディサプリ進路