東京都・中野区で歯科衛生士を目指せる学校1校の学費と所在地

10月 3, 2022

学校紹介スライド

*スライドをタップまたはクリックで次の学校に移動できます

中野区内で歯科衛生士を目指せる学校の所在地を地図でまとめて確認

中野区内で歯科衛生士を目指せる学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

中野区内で歯科衛生士を目指せる専門学校の学費の一覧

中野区内で歯科衛生士を目指せる専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
アポロ歯科衛生士専門学校2021年度納入金(参考) 【歯科衛生学科】 合計106万円(入学金30万円、授業料55万円、実習費17万円、施設設備費4万円)※授業料・実習費は、前期と後期の分納、又は年4分割納入が可能です。入学手続時の納入金は、本校がその都度期限を指定します。上記以外に、教科書・私用実習器具代等の費用として、1年次35万円、2年次12万円、3年次11万円を預かります。この費用は卒業時に精算します。

中野区内で歯科衛生士を目指せる学校の一覧(所在地とアピールポイント)

アポロ歯科衛生士専門学校

住所:東京都中野区上高田4-15-4
最寄り駅・アクセス:地下鉄東西線「落合(東京都)」駅から1番出口を出て徒歩 8分
西武新宿線「新井薬師前」駅から南口を出て徒歩 10分
地下鉄大江戸線「東中野」駅からA1出口を出て徒歩 10分
JR総武線「東中野」駅から西口を出て徒歩 10分

臨床・臨地実習(現場での実習)をしながら就職を考えます
歯科衛生士は慢性的に不足しており、この状況は半永久的に続くと予想されています。国家資格なので、結婚、出産、育児などで一旦仕事を離れても再就職しやすいのが歯科衛生士です。本校では2年生の1月から3年生の11月までの約1年間に及ぶ校外臨床・臨地実習で様々な現場を体験し、教室で学んだ知識や技術を現場で生かすことができる歯科衛生士になるよう教育をしています。また、この実習を通して自分に適した仕事の仕方や就職先のことも考えます。わからないことや不安なことは先輩であるインストラクターが相談にのり、実習で身につけた自信と仕上げの面接指導で希望の職場に就職できるよう懇切丁寧に指導しています。

タイプの違ういろいろな実習先でレベルの高い実習を経験できます
2年生の秋にスケーリングルームで家族や友人を呼んで実習をした後、約1年間に及ぶ校外での臨床・臨地実習で技術を磨きます。臨床実習先は一般の歯科医院をはじめ、慶應義塾大学病院、東京女子医科大学病院などの大学病院や総合病院、矯正や歯周病を専門とする歯科医院など、いろいろです。いろいろな専門分野や規模の現場を体験し、レベルの高い臨床実習を積むことは自分の将来を考える上で大変役立ちます。また、保健所や幼稚園・学校・老健などの施設での臨地実習では、歯科衛生士の仕事の広がりも学べます。

3年間同じ目的の仲間とステップアップをはかります
基礎科目から最先端の歯科医学に至るまで、東京歯科大学や東京医科歯科大学など都内各歯科大学の先生方が分かりやすい講義をします。人の身体に手を加える職業なので、勉強することはたくさんあります。みんな初めて学ぶことばかり。最初はわからなくて当たり前です。十分理解がいかないことは、いつものインストラクターに聞いてみましょう。実習も含めてとことん面倒を見ます。インストラクターは臨床現場での経験も豊富で、学生の立場に立って細かな指導をしています。みんなが歯科衛生士になるのですから、仲間との勉強が力になります。アポロ歯科衛生士専門学校 | スタディサプリ進路