久留米工業大学の学費を福岡県で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校6校と比較

12月 30, 2019

久留米工業大学と周辺で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の紹介スライド

久留米工業大学と県内で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
久留米工業大学2019年度納入金 〈工学部〉142万8300円(入学金含む、4月・10月分納)
福岡大学【2019年度納入金】人文・法・経済・商学部 112万6710円、理・工学部 164万6710円、医学部医学科 862万6710円、医学部看護学科 180万6710円、薬学部 206万6710円、スポーツ科学部 147万6710円、商学部第二部 47万2370円
福岡工業大学<2019年度納入金>【工学部】【情報工学部】147万8300円 【社会環境学部】113万300円 (ともに入学金・学生諸費を含む)
近畿大学「2019年度納入金」法学部/【136万2300円】 経済学部/【136万2400円】 経営学部/【136万2400円】 理工学部/【171万8500円】 建築学部/【171万8500円】 薬学部/【171万8500円・230万8500円※】 文芸学部/【136万1500円・171万8500円※】 総合社会学部/【136万1500円】 国際学部/【90万6500円+留学費用】 農学部/【171万6500円】 医学部/【680万4500円】 生物理工学部/【171万6500円】 工学部/【166万2500円】 産業理工学部/【114万3500円・151万8500円※】 ※学科により異なる (入学金25万円(医学部100万円)を含む。その他、学部同窓会費1000~4000円が別途必要)
九州産業大学【2019年度納入金】■国際文化学部■経済学部■商学部■地域共創学部/103万8900円(ただし地域づくり学科夜間特別枠は45万6350円)、■人間科学部/(臨床心理学科)105万8900円、(子ども教育学科)/118万8900円、(スポーツ健康科学科)/129万8900円、 ■理工学部 /146万8900円、 ■生命科学部/148万8900 円、■建築都市工学部/144万8900円、■芸術学部/158万8900円 (全て入学金・委託徴収金含む)
西日本工業大学<2020年度納入金>工学部、デザイン学部141万6100円 (入学金20万円、授業料78万円、教育充実費、委託徴収金 含む)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
九州電気専門学校●2020年度納入金 《電気工学科》昼間部 116万4000円/夜間部 73万4000円 《電気工事士科》昼間部 97万1000円/夜間部 79万1000円 (入学金・授業料・実験実習費等を含む/教科書・教材・文具・国家試験受験費は別途)

久留米工業大学の所在地やアピールポイント

住所:福岡県久留米市上津町2228-66
最寄り駅・アクセス:「JR久留米」駅から西鉄バス 工業大学前下車 30分,「西鉄久留米」駅から西鉄バス 工業大学前下車 20分

1年次から基礎科目のクラス分け授業で、専門科目に必要な基礎学力習得をサポート

高校時代に物理や化学などを履修していなかった、履修したけれどよく理解できなかった、あるいは英語が苦手だったという人も心配は無用。本学ではリメディアル教育として、1年生のうちに工学の基礎となる学力や英語力をクラス分け授業で身に付け、スムーズに専門科目に移行するための取組みをすべての学科で行っています。その他、基幹教育センターでは教員による学生相談対応を行い、専門科目に必要とされる基礎学力習得のサポートを行います。

航空宇宙の未来に誇れるインテリジェントモビリティ研究所の開設など施設が充実

2018年4月から先端交通・航空宇宙コースを開設し、交通機械(乗り物)に関する革新的な研究成果を発信し、次世代を担う若者の好奇心を刺激します。また、研究対象とする乗り物には農業機械や室内用の福祉車両なども含み、農工連携や医工連携も強く推進します。航空機や自動車などの最先端のモビリティ(ノリモノ)は、世の中にない新たな価値を創造する刺激的で魅力的な仕事であり、日本の最先端技術を背負っているという誇りを強く感じながらモビリティの研究に携わることができます。さらに2019年3月完成予定の「航空宇宙実習棟」(右写真)により充実した環境の中で学習できます。

独自の奨学金制度をはじめ、学生寮やグループ校特別割引で経済的負担を軽減

大学進学で避けて通れないのが学費や生活費の問題。本学では、少しでも経済的負担を軽減するため、独自の奨学金制度を設けています。例えば、「新入生スカラシップ」では、学ぶ意欲をサポートするため、入学試験ごとに奨学金制度を設けています。例えば、4年間の授業料について全額~1/4を免除する等。キャンパス内にある学生寮は、室料・光熱水費・食費(2食)・その他経費も含めて年額34~46万円と低価格で入寮が可能。また、グループ校の自動車学校では割引価格で自動車免許を取得可能です。さらに久留米自動車工科大学校でもグループ校特別割引で受講できるので、多くの本学学生が各種建設機械の運転免許を取得しています。

久留米工業大学 | スタディサプリ進路