弘前医療福祉大学短期大学部の学費(青森県で調理師・シェフを目指せる)

12月 30, 2019

弘前医療福祉大学短期大学部と周辺で調理師・シェフを目指せるその他の学校の紹介スライド

弘前医療福祉大学短期大学部と県内で調理師・シェフを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

調理師・シェフを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
弘前医療福祉大学短期大学部●2019年度納入金 【救急救命学科】 144万円 、【介護福祉学科(※)】117万5000円、【別科 調理師養成・1年課程】88万5000円 (※)2019年4月より「生活福祉学科 介護福祉専攻」から名称変更 (各学科、教科書代等は別途)

調理師・シェフを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

調理師・シェフを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

弘前医療福祉大学短期大学部の所在地やアピールポイント

住所:青森県弘前市小比内3-18-1
最寄り駅・アクセス:弘南鉄道「運動公園前(青森県)」駅から徒歩 3分

重要性を増す救命、介護、和・洋・中・製菓をトータル的に学ぶ調理のプロを育成

「救急救命学科」は、救急医学全般の知識と救急技術を習得し、即戦力となる救急救命士を育てます。また、救急救命士養成校では珍しい「都市型災害捜索救助技術」も学べます。「介護福祉学科」では介護に関する専門的な知識と技術を学び、高齢者や障がい者のQOL(生活の質、人生の質)を尊重した支援が行えるプロを育てます。「別科 調理師養成・1年課程」は、社会的なニーズが高まっている食育の知識を、福祉との関わりを通して習得していきます。和・洋・中・製菓の調理実習、栄養学など、専門知識と技術を学びます。

救急は全国初の短大、介護は東北初の養成、また別科は調理免許も取得可能

「救急救命学科」は、短期大学として全国初の救急救命士養成校です。救急救命士の資格取得はもちろんのこと、救急現場で必要な資格(AHA-BLSヘルスケアプロバイダー)も在学中に取得できます。「介護福祉学科」では、国家資格の介護福祉士、社会福祉主事任用資格、普通救命講習Iなどの資格を目指せます。「別科 調理師養成・1年課程」は、子どもたちの食をめぐる問題に端を発した食育のほか、高齢者や介護を要する方に対する食の必要性を重視し、正しい食材の知識や適切な食生活指導を通して学んでいきます。

都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を学内に設置。サークル活動も盛んです

救急救命学科は、災害時における瓦礫の下からの救助(CSR)と瓦礫の下の医療(CSM)が学べる、都市型災害捜索救助(USAR)訓練施設を有しており、現役の消防士、救急救命士、災害派遣医療チーム(DMAT)等による本格的な訓練を見る機会もあります。学校生活ではサークル活動が盛んで、自らサークルの立ち上げはもちろん、学科の枠を超え、大学を含めた全学園の体育大会や学園祭などの行事も学生が自らの手で企画、実施しています。

弘前医療福祉大学短期大学部 | スタディサプリ進路