愛知工科大学自動車短期大学の学費を愛知県で自動車整備士を目指せるその他の学校6校と比較

12月 30, 2019

愛知工科大学自動車短期大学と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

愛知工科大学自動車短期大学と県内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
愛知工科大学自動車短期大学2020年度納入金 127万5000円

自動車整備士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
中部大学●2019年度納入金(参考) ■工学部/167万3300円 ■経営情報学部/143万3300円 ■国際関係学部/147万3300円 ■人文学部/147万3300円 ■応用生物学部/167万3300円 ■生命健康科学部/生命医科学科190万3300円、保健看護学科175万5300円、理学療法学科175万5300円、作業療法学科175万5370円、臨床工学科170万5370円、スポーツ保健医療学科162万3300円 ■現代教育学部/142万4660円

自動車整備士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
専門学校 日産愛知自動車大学校2020年度納入金(予定) 〈一級自動車工学科〉123万円、〈自動車整備科〉123万円。※入学金・学費を含みます。教科書代・工具代等として20万6000円が別途必要です(2018年度実績)。
名古屋デジタル工科専門学校2020年度納入金(予定)/各学科とも80万円 (別途諸経費4万円が必要)
名鉄自動車専門学校【2019年度納入金(参考)】98万円(入学金23万円、授業料40万円〈前後期分〉、実習費23万円〈前後期分〉、施設維持費12万円) (別途教科書、作業服、手持ち工具、見学費等の費用が必要)
愛知自動車整備専門学校2019年度納入金97万円(入学金25万円、授業料36万円、実習費20万円、教育充実費16万円) (教科書代、実習服代、海外研修費別途)
トヨタ名古屋自動車大学校<2019年度納入金(参考)> 自動車整備科/合計125万円(入学金25万円、授業料50万円、実習費29.5万円、施設費20.5万円)、 高度自動車科/合計131万円(入学金25万円、授業料50万円、実習費32.5万円、施設費23.5万円)、 女性ショールームスタッフ科/合計125万円(入学金25万円、授業料50万円、実習費29.5万円、施設費20.5万円) ※別途、諸費用がかかります。

愛知工科大学自動車短期大学の所在地やアピールポイント

住所:愛知県蒲郡市西迫町馬乗50-2
最寄り駅・アクセス:「蒲郡」駅から無料スクールバス12分,「蒲郡競艇場前」駅から徒歩15分,「三河塩津」駅から徒歩15分

日々進化する自動車技術に対応できる、高いスキル&応用力を身につける。

カーエンジニアには、自動車の専門知識はもちろん、周辺の技術やユーザーの気持ちを理解するなど、幅広い知識が求められます。本学では、自動車産業の最前線で活躍できるプロのエンジニアを育てるため、専門知識・技術を楽しく確実に身につける実習を豊富に用意。「走る」「曲がる」「止まる」をきちんと理解するために、ラジコンカーを組み立てたり、実習車両を使った整備技術学習など、車好きなら思わずワクワクするものばかりです。実車を教材に、理論と実習を繰り返すことで、短期間でスキルアップ。卒業時には、2級ガソリン・ジーゼル自動車整備士の受験資格が得られ、多くの卒業生が合格しています。

自動車整備技術にプラス「ワン」の技術を修得するOMS(ワン・モア・セミナー)。

2年次の後期に実施される選択演習がOMS(ワン・モア・セミナー)です。これまでに学んできた知識・技術を活かし、各自興味のあるセミナーを受講します。自らのスキルアップと同時に、幅広い専門知識と技術を修得します。「原動機付2輪車の整備」、「2輪自動車の整備」、「ボデー・リペア」、「レーシングカートの研究」、「電子制御式エンジンのシステム点検」の5コースがあり、このなかから1コースを選択します。さまざまな経験を積みながら、自分が思い描く理想のカーエンジニアを目指します。

2級自動車整備士資格取得はもちろんのこと、1級自動車整備士資格も目指せる。

国土交通省より「自動車整備士養成施設」の認定を受けているため、卒業と同時に2級ガソリン・ジーゼル自動車整備士の受験資格が与えられます。さらに、受験の際には実技試験が免除される特典もあり、資格取得には非常に有利です。また、1級自動車整備士資格を目指す学生は、併設する愛知工科大学/工学部機械システム工学科の3年次から設置されている「1級自動車整備士養成課程」に編入学することで1級自動車整備士を目指すことも可能です。2級自動車整備士(ガソリン・ジーゼル両資格)を取得していることが条件となりますが、2年間の履修で1級小型自動車整備士の受験資格と実技試験の免除、さらに「学士(工学)」の学位も授与されます。

愛知工科大学自動車短期大学 | スタディサプリ進路