横浜テクノオート専門学校の学費を神奈川県で自動車整備士を目指せるその他の学校4校と比較

12月 30, 2019

横浜テクノオート専門学校と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

横浜テクノオート専門学校と県内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
横浜テクノオート専門学校2019年度納入金/1級自動車整備科・自動車整備科146万円・国際エンジニア科78万円(入学金・授業料・実習費・諸費用を含む)、鈑金塗装科170万円(入学金・授業料・実習費・諸費用を含む※内部進学者は選考料・入学金が免除になります)
専門学校 日産横浜自動車大学校【2019年度納入金】 一級自動車工学科(国家一級整備士コース)、自動車整備科(国家二級整備士コース)ともに122万円 (学生諸費用は除く)

自動車整備士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

自動車整備士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本大学【2019年度納入金(参考)】法学部126万円/文理学部<文系学科>129~162万円 <理系学科>166~174万円(学科による)/経済学部124万円/商学部124万円/芸術学部175~195万円(学科・コースによる)/国際関係学部135万円/危機管理学部126万円/スポーツ科学部140万円/理工学部<数学科>169万円 <その他の学科>173万円/生産工学部166万円/工学部166万円/医学部635万円/歯学部690万円/松戸歯学部690万円/生物資源科学部<獣医学科>241万円 <その他の学科>138~166万円(学科による)/薬学部245万円/法学部第二部(夜間部)66万円 (※他に校友会費など若干の諸費が必要)
神奈川大学■2020年度納入金(予定) 法学部・経済学部/117万5800円、経営学部・人間科学部/117万6300円、外国語学部・国際日本学部/127万6300円、理学部・工学部/152万3300円
東京都市大学2019年度納入金 【理工学部・建築都市デザイン学部・情報工学部】168万円/【環境学部・メディア情報学部】155万円/【都市生活学部・人間科学部】143万円

横浜テクノオート専門学校の所在地やアピールポイント

住所:神奈川県横浜市南区中村町5-315
最寄り駅・アクセス:「黄金町」駅から徒歩 15分,「吉野町」駅から徒歩 10分

就職率100%(2018年3月卒業生実績)、4輪・バイク・鈑金で就職先は広範囲!!

学生が希望する就職先に就ける様に完全サポート体制を整えています。就職専任のスタッフが個別相談から履歴書の書き方、面接指導までを一対一で出来るまで親身になって対応します。早い時期から目標に向かって具体的に取組むことができます。就職実績は、カーディーラーを中心に2輪ショップやバス、タクシー会社など自動車を使用する一般企業まで、自動車整備士が活躍できる企業は幅広くあります。

返還義務なし!学校独自の奨学金制度あり!

YTCでは人物・学業共に優秀で学習意欲が高く自動車業界で幅広く活躍する意志をもった学生を支援する独自の奨学金制度(AOスカラシップ制度・特待生制度・在校生奨学金制度)があります。詳しくはお問合せください。

自動車整備士を55年以上にわたり業界に送り出しています!

1961年の創立以来、学生が自分の道をしっかり歩み、「夢を持って社会人に」なれる教育環境を提供する事に情熱と愛情を持って取り組んでいるのが横浜テクノオート専門学校です。学生と企業のそれぞれのニーズに応え、技術取得はもちろん、礼儀作法やマナーを重視し、新しいことに果敢に挑戦する精神を育んでいます。

横浜テクノオート専門学校 | スタディサプリ進路