専門学校YICリハビリテーション大学校の学費を山口県で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校2校と比較

専門学校YICリハビリテーション大学校と周辺で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校の紹介スライド

専門学校YICリハビリテーション大学校と県内で理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
専門学校YICリハビリテーション大学校【2020年度納入金】142万円(入学金40万円、授業料82万円、施設設備費20万円) (※初年度教材費等として30万円程度が別途必要)
下関看護リハビリテーション学校【2020年度納入金】<理学療法学科>入学金/25万円、授業料/90万円、施設設備費/25万円、合計/140万円 <看護学科>入学金/25万円、授業料/90万円、実習費/5万円、施設設備費/10万円、合計/130万円 (テキスト代、ユニフォーム代等が別途必要)
山口コ・メディカル学院【2020年度納入金】入学金/40万円、授業料/80万円、施設設備費/20万円 合計/140万円 (※上記のほかに、教科書代、実習着衣代、教材費、自治会費等が必要。初年度は約18万円)

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

専門学校YICリハビリテーション大学校の所在地やアピールポイント

住所:山口県宇部市西宇部南4-11-1
最寄り駅・アクセス:JR山陽本線「宇部」駅から徒歩 3分

常に学生の立場に立ち、学生の近くで「教育を分かち合う」授業を実施しています

「授業を教える先生」という上から目線ではなく、「理学療法士・作業療法士を目指す学生」の立場に立ち、知識と技術、さらには魅力を伝える、この道の先輩」として指導にあたる本校の専任教員。一方的な講義で知識を教えるのではなく、学生自らが考える参加型の授業で飽きさせません。また、専門学校としてはめずらしい少人数(5~7名程度)ゼミ制度を取り入れており、学生一人ひとりをしっかりバックアップ。さらには、山口大学医学部との連携で、「解剖学」「生理学」「精神医学」など医学の基礎的な学問を、山口大学医学部の教授陣によるハイレベルな授業や実習で学ぶことができます。

国家試験合格を勝ち取るため、サポート体制を充実させています

理学療法士、作業療法士として活躍するためには、国家試験の合格が第一歩。本校では、いわば毎日の授業が国家試験対策!過去の出題データを分析し傾向を見極めた上で、ポイントを絞った授業を行い、効率よく学びます。また学内外の模擬試験に積極的に取り組み、弱点の把握と克服を繰り返し、実力アップ。弱点に対するフォローのため、個人・グループでの補習を行い、苦手克服を図っています。山口大学との連携を活かし、大学教授や医学部附属病院の医師を招いたハイレベルな教育も行います。国家試験対策に精通した外部講師のセミナーも頻繁に開催。4年制だからこそじっくり学べ、わからないところを理解し自分のものにしていくことができます。

地域の病院・施設との太いパイプを活かし、就職率12年連続100%を達成!

理学療法士・作業療法士はニーズの高い職業。2018年3月卒業生には、合計579の病院・施設から求人が寄せられました。もちろん、第一志望の病院・施設への就職を叶えるためのサポート体制も万全。医療・福祉の現場事情に詳しい教員と、キャリアサポート室職員がタッグを組み、就職を強力にバックアップしています。また、本校のある宇部市内は総合病院や個人病院が多く、実習先が豊富。医師等を本校に招いて講義を行うなど、地域と密接に連携しているため、現場との太いパイプが就職先の確保にもつながり、就職率100%(2018年3月卒業生/就職者41名)を達成しています。

専門学校YICリハビリテーション大学校 | スタディサプリ進路