ビジュアルアーツ専門学校・大阪の学費を大阪府で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校14校と比較

ビジュアルアーツ専門学校・大阪と周辺で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校の紹介スライド

ビジュアルアーツ専門学校・大阪と府内で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

漫画家・アニメーターを目指せる府内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
ビジュアルアーツ専門学校・大阪【2020年度納入金】昼間部/135万~138万5000円(入学金18万円、授業料94万円、設備費22万~25万5000円、校友会費8000円、学生補償制度費2000円) (教材、研修費別途。)
大阪総合デザイン専門学校【2019年度納入金】134万円(入学金17万円、学費117万円) (※2019年度現在 ※2019年度以降、学科・専攻を変更する場合がございます。)
大原情報デザインアート専門学校2019年度納入金 116万円(※実習・演習費、学外研修費等別途必要。コースにより異なるので詳細はお問い合せ下さい)
大阪アミューズメントメディア専門学校●2019年度納入金 ゲームプログラマー学科/138万円、ゲームプランナー学科/138万円、ゲーム・アニメ3DCG学科/138万円、キャラクターデザイン学科/138万円、アニメーション学科/120万円、マンガイラスト学科/125万円、ノベルス文芸学科/120万円、声優学科/127万円 (その他、教材費等が別途必要)
大阪デザイナー専門学校【2020年度納入金】134万円(入学金17万円、授業料94万円、諸費用23万円) (授業料は前・後期分割納入可。※教材・研修費別途)
日本コンピュータ専門学校【2019年度納入金】〔全学科〕127万円 ※奨学金制度で最大57万円の学費免除 (※教材費などが別途必要です)
近畿コンピュータ電子専門学校2020年度納入金(予定) 122万円
大阪情報コンピュータ専門学校2020年度納入金/105万円(延納・分納も可) (入学金12万円を含む ※その他、教科書代・新入生合宿費用・学生保険料が別途必要。)
大阪アニメーションカレッジ専門学校2020年度納入金 135万円 (教材費等別途必要)
HAL大阪■2019年度納入金 昼:96万円~153万3000円(入学金含む)、夜:46万円(入学金含む)

漫画家・アニメーターを目指せる府内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
大阪芸術大学短期大学部2019年度納入金 【メディア・芸術学科】132万円 【デザイン美術学科】133万円 【保育学科】118万円 (全て入学金・授業料・施設設備費含む)

漫画家・アニメーターを目指せる府内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
宝塚大学2019年度納入金/東京メディア芸術学部:170万円 (入学金20万円、授業料・施設費・維持費150万円)、看護学部:190万円 (入学金30万円、授業料・施設費・維持費160万円)
大阪芸術大学【2020年度納入金】文芸学科/145万円、初等芸術教育学科/150万円、アートサイエンス学科/165万円、美術学科・デザイン学科・建築学科/172万円、芸術計画学科・舞台芸術学科/177万円、工芸学科・写真学科・映像学科・キャラクター造形学科・放送学科/179万円、音楽学科・演奏学科/215万円 (初年度のみ入学金28万~33万円含む)
大手前大学【2019年度納入金(参考)】○現代社会学部 ○総合文化学部 ○メディア・芸術学部 入学金27万円、授業料78万円、教育充実費24万円 合計129万円 ○健康栄養学部 入学金27万円、授業料80万円、教育充実費45万円 合計152万円 ○国際看護学部(2019年4月設置) 入学金27万円、授業料100万円、教育充実費62万円 合計189万円
大阪成蹊大学「2020年度納入金(予定)」経営学部(経営学科130万1160円、国際観光ビジネス学科147万9160円、スポーツマネジメント学科130万1160円)   教育学部/148万7160円 芸術学部/173万1160円(専願入試手続者は奨学金給付により153万1160円)

ビジュアルアーツ専門学校・大阪の所在地やアピールポイント

住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23
最寄り駅・アクセス:JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分,地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分,京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分,JR「北新地」駅から徒歩 5分

コンサートイベントに多数参加できるなど、インターンシップでプロの技術が身につく!

授業は「アニメアテレコ」や「レコーディングワーク」、「映画実習」などの実習が中心。プロとして活躍する講師の指導のもと、本物の機材や設備を使った授業を通して、業界で必要とされる技術や知識を習得します。さらに「OTODAMA」をはじめ数々の音楽イベントにステージスタッフや取材、撮影スタッフ、MCとして参加するなど、学んだ技術を実践で発揮する機会も多数。在学中からプロの緊張感あふれる現場を経験することで仕事の楽しさを知り、卒業後は即戦力として活躍できるスキルが身につきます。また、業界や企業とのつながりを活かし、学校紹介のアルバイトや就業体験も可能。ここから内定を得る学生も数多くいます。

業界とのコネクションや全国の姉妹校とのネットワークで、就職・デビューをサポート!

「キャリアセンター」では、全国17校の姉妹校ネットワークや50年以上の歴史で築き上げた業界とのつながりによる多彩な求人案内をはじめ、各業界の大手企業と出会える「業界EXPO」など多彩なプログラムで、学生一人ひとりの就職を強力にサポート。さらに業界の著名人やプロとして活躍する卒業生を招いた講演会やワークショップ、学内オーディション(実績例:声優学科では毎年45社以上のプロダクションを招待)などを開催。毎年多くの卒業生があこがれの業界への第一歩を踏み出しています。また、AO入学者対象の「AOプレスクール」(受講無料)では、入学前からキャリア授業を開始。将来の夢を実現するためのサポートも充実しています。

学校主催イベントがいっぱい。楽しみながら学んで好きなことを仕事にしよう!

「好きなことを仕事に!」それが学生たちの目標。学校祭など学校主催イベントも多く、実力を試すチャンスがいっぱいで、楽しみながら実力UPできる環境が整っています。例えばライブイベントは新入生歓迎、夏期合宿、学校祭、クリスマスと年間を通じて開催。出演バンドから会場PAやビデオ撮影などの企画運営まで主役は学生自身。学科の壁を超えたコラボで大いに盛り上がります。また、業界著名人による特別講演会も人気が高く、ウルフルケイスケ氏(ミュージシャン)、佐久間レイ氏(声優)、森山大道氏(写真家)など第一線プロの興味深い講演を聞くことができます。業界の空気を身近に感じながら学べるのが本校の大きな特徴なのです!

ビジュアルアーツ専門学校・大阪 | スタディサプリ進路