筑波学院大学の学費を茨城県でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校4校と比較

筑波学院大学と周辺でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の紹介スライド

筑波学院大学と県内でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
筑波学院大学●2019年度納入金 129万円
茨城キリスト教大学■2019年度納入金(学納金のみ) 看護学科を除く全学科 127万円/看護学科 157万円
流通経済大学2020年度納入金/【経済・流通情報学部・法学部・社会学部】137万6,300円 【スポーツ健康科学部】152万7,660円

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
つくばビジネスカレッジ専門学校●2018年度納入金(参考)/医療ビジネス学科・ブライダルビジネス学科・総合ビジネス学科・情報処理学科 91万円、ビジュアルデザイン学科 96万円 (別途、教材費・実習費などが必要)
水戸経理専門学校●2019年度納入金 107万円 (自由が丘産能短大・産業能率大学(ともに通信教育課程)併修の場合は別途25万円)

筑波学院大学の所在地やアピールポイント

住所:茨城県つくば市吾妻3-1
最寄り駅・アクセス:「つくば」駅から徒歩 7分,「ひたち野うしく」駅東口から関東鉄道・筑波大学中央行バス 30分,「土浦」駅西口から関東鉄道・筑波大学中央行バス 30分

なりたい自分を見つける「150の専門基礎科目」と「5コース」で学び社会へ羽ばたく

経営情報学部では、将来社会で活躍するための基礎となる、経営知識・情報スキルを幅広く身につけ、自分の道を確認するために150に及ぶ専門基礎科目を用意しています。また、経営情報分野を核として、複合的に学べる「5つのコース」を設定しており、1年次に大学教育の基礎教養科目を学び、2年次から自分のキャリアに向けて「ビジネスマネジメント」、「グローバルコミュニケーション」、「地域デザイン」、「メディアデザイン」、「情報デザイン」のコースから自由に科目を組み合わせ、専門的な知識と技術を習得していきます。

ICTを活用する技術と、コミュニケーション力アップのための活動

本学独自の地域連携活動である実践科目は1・2年の必修科目で、つくば市や茨城県を中心に自治体や企業、NPO団体の活動に参加。社会人や子供達と関わりをもちながら、地域に貢献する活動を通して、現代社会に役立つ実行力とコミュニケーション能力を身につけます。同時にプレゼンテーション力や、企画力もつけていきます。さらに、グローバル社会に必要な国際的視野を広げるため、海外研修で単位を取得。英語は実力に応じたクラス分けにより、ネイティブの教員が指導します。

一人ひとりの適性に合った希望の就職を、教職員一丸となって強力にバックアップ

教職員との定期的な進路面談の実施や、大学卒業後に即戦力として活躍ができるよう、企業と連携した実践的な学びを学内で積極的に開講しています。また、都内で開催される合同企業説明会参加バスツアーの実施など、県内はもちろん県外に就職を希望する学生に対してもしっかりとサポートをしています。卒業後の進路の希望は学生により様々。就職だけでなく、大学院進学希望者にも個別に対応し、カリキュラム選択や進学に向けた試験対策に関する勉強会を開催しています。そのほかにも各種資格取得講座を開講し、学生の就業力アップへとつなげています。

筑波学院大学 | スタディサプリ進路