東京環境工科専門学校の学費を東京都でトリマー・動物看護師を目指せるその他の学校16校と比較

12月 30, 2019

東京環境工科専門学校と周辺でトリマー・動物看護師を目指せるその他の学校の紹介スライド

東京環境工科専門学校と都内でトリマー・動物看護師を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

トリマー・動物看護師を目指せる都内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
東京環境工科専門学校2019年度納入金 128万5000円 (教材・用具・実習費を含む)
日本動物専門学校2020年度納入金/128万円
専門学校日本動物212020年度納入金/128万円
専門学校ビジョナリーアーツ2020年度納入金●フードクリエイト学科:139万円/ペット学科:137万円~139万円※入学金、授業料、施設費合計 (その他、諸費用20~27万円程度別途※年度・専攻により異なる)
東京ブレーメン動物専門学校【2020年度納入金】110万円 (入学金含む)(教本・教材費別途必要)
日本ペット&アニマル専門学校【2020年度納入金】ペットビューティー・ケア科 122万円/動物飼育科 130万円/水族館・ドルフィントレーナー科 127万円 (その他、演習費、教科書代等が別途必要です)
東京愛犬専門学校●2019年度納入金 【愛犬美容専門課程・愛犬美容学科】118万円(教科書代、実習器具代は別途必要)  【動物看護専門課程・動物看護学科】118万円(教科書代、実習器具代は別途必要)
ヤマザキ動物専門学校2019年度納入金 動物看護・美容・トレーニング学科 131万4000円
東京スクール・オブ・ビジネス2019年度納入金 124万7000円 (教材費・研修費などは別途)
国際動物専門学校2019年度納入金/142万8千円~150万3千円
東京コミュニケーションアート専門学校●2020年度納入金:<<デザイン・イラスト・クリエーティブ分野>>153万円5800~170万800円 <<ペット・動物・海洋・自然環境分野>>144万5800円~153万5800円 (教本・教材費、健康管理費など別途諸費用必要。)
中央動物専門学校【2020年度納入金】各学科/126万円 (教科書・教具、実習着・靴、校外実習費、各種ライセンス受験料が別途必要です。)

トリマー・動物看護師を目指せる都内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
ヤマザキ動物看護専門職短期大学2019年度納入金 145万280円

トリマー・動物看護師を目指せる都内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
ヤマザキ動物看護大学2020年度納入金/160万円
帝京科学大学【2020年度納入金】<生命環境学部>アニマルサイエンス学科 154万6910円/自然環境学科、生命科学科(生命、生命・健康コース) 154万4660円/生命科学科(臨床工学コース) 154万5370円 <医療科学部>医療福祉学科 130万2370円/東京理学療法学科、東京柔道整復学科 199万5370円/看護学科 189万4500円/理学療法学科、作業療法学科、柔道整復学科 181万5370円 <教育人間科学部>幼児保育学科、学校教育学科(小学校、中高理科、国際英語コース) 132万4660円/学校教育学科(中高保健体育コース)141万4660円/こども学科 123万6910円
日本獣医生命科学大学【2019年度納入金(参考)】 獣医学科/263万1000円 獣医保健看護学科/動物科学科/食品科学科/172万5000円 (※入学金、授業料、実習費等含む)
東海大学【2019年度納入金】医学部医学科、工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻、教養学部芸術学科音楽学課程以外の学部/120万9200円~179万3200円(学部・学科・専攻・課程により異なる)、医学部医学科/647万3200円、工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻/196万4200円、教養学部芸術学科音楽学課程/196万2200円

東京環境工科専門学校の所在地やアピールポイント

住所:東京都墨田区江東橋3-3-7
最寄り駅・アクセス:JR総武線快速・総武線 「錦糸町」駅から徒歩3分,東京メトロ半蔵門線 「錦糸町」駅から徒歩3分

好きを学び、知識と技術を身に付け、自然を守るプロになる

自然と野生動物を最前線で守るために、幅広い知識と高度な技術が必要とされます。東京環境工科専門学校では、この知識と技術を身に付けるため、当校独自の講義・実習カリキュラムが組まれています。講義では生きものの基礎知識から、自然の大切さを伝え広める環境教育の知識などを学びます。また実習ではアウトドアテクニックから森林を保全する技術、そして傷ついた野生動物を救う技術まで、多岐にわたる技術を習得します。東京環境工科専門学校では都内のキャンパスでの講義と、国内外での実習を反復的に受けることによって、自然を守るプロを目指します。

国内・海外で開催!総単位数の3割の実習で“自然を守る力”を身に付ける

国内には屋久島をはじめとした3箇所の実習場を構え、さらに視野を広げるべくインドネシア、アルゼンチン、南アフリカでの海外実習も行っています。屋久島実習では動植物のレクチャーから、シュノーケリング技術の習得、さらには自主テーマに沿った自然調査活動まで行います。屋久島の自然を深く知り、そして自分の足で巡ることで、自然の雄大さと人と自然との関わりについて体感しながら学べます。アフリカ実習では傷ついたサイを保護し、自然に返すための野生動物リハビリテーションを実践。そこでしか体感できない自然と触れ合い、その場所場所での自然保護活動に参加することで、世界がぐっと近づき視野が広がります。

自然を守るステージは広い。自然環境業界への就職サポートプログラム

自然や野生動物を守る仕事のほとんどは、公共性が高い仕事です。国家公務員・地方公務員をはじめ、自然を守る活動を行っているNPO法人、各種企業に就職することで、自然の中で自然を守り伝えるプロとして活躍できます。これらのプロの業務は自然公園の維持管理や希少野生生物の保護対策、野生生物の現況調査など多岐にわたります。当校では自然を守る仕事への就職をかなえるために、樹木医補などの資格取得から、インターンシップ活動、面談、さらには公務員合格ゼミなどの充実した就職サポートプログラムを実践しています。学生の真の魅力と自然環境業界の人材ニーズ・自然の仕事をつなげていくことが当校の特徴です。

東京環境工科専門学校 | スタディサプリ進路