東京都市大学の学費を東京都で自動車整備士を目指せるその他の学校10校と比較

12月 30, 2019

東京都市大学と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

東京都市大学と都内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる都内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
東京都市大学2019年度納入金 【理工学部・建築都市デザイン学部・情報工学部】168万円/【環境学部・メディア情報学部】155万円/【都市生活学部・人間科学部】143万円
帝京大学●2020年度納入金 ■医学部/937万140円■薬学部/251万180円■経済学部/125万6660円~135万1660円■法学部/135万1660円■文学部/135万1660円~137万2660円■外国語学部/135万1660円~136万2660円■教育学部/135万1660円~139万3660円■理工学部/167万660円(航空宇宙工学科ヘリパイロットコース356万2660円)■医療技術学部/142万4300円~210万2620円■福岡医療技術学部/170万7370円
日本大学【2019年度納入金(参考)】法学部126万円/文理学部<文系学科>129~162万円 <理系学科>166~174万円(学科による)/経済学部124万円/商学部124万円/芸術学部175~195万円(学科・コースによる)/国際関係学部135万円/危機管理学部126万円/スポーツ科学部140万円/理工学部<数学科>169万円 <その他の学科>173万円/生産工学部166万円/工学部166万円/医学部635万円/歯学部690万円/松戸歯学部690万円/生物資源科学部<獣医学科>241万円 <その他の学科>138~166万円(学科による)/薬学部245万円/法学部第二部(夜間部)66万円 (※他に校友会費など若干の諸費が必要)

自動車整備士を目指せる都内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本大学短期大学部【2019年度納入金(参考)】ビジネス教養学科106万円/食物栄養学科126万円/建築・生活デザイン学科150万円/ものづくり・サイエンス総合学科150万円 ※他に校友会費など若干の諸費が必要になります

自動車整備士を目指せる都内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
専門学校 読売自動車大学校【2019年度納入金】1級整備学科・自動車整備学科 120万円
専門学校 東京工科自動車大学校品川校2019年度納入金/【1級自動車整備科】134万円、【自動車整備科2輪コース[ハーレーダビッドソン専科]】133万円、【自動車整備科】133万円 (※その他諸費用別途)
専門学校 東京工科自動車大学校世田谷校2019年度納入金/【1級自動車エンジニア科】134万円、【自動車整備科】133万円、【自動車整備科[メルセデス・ベンツコース]】133万円、【自動車整備科(夜間)】78万5000円 (※その他諸費用別途)
専門学校トヨタ東京自動車大学校2020年度納入金 141万5000円(教科書・作業服代等含む)
日本工学院八王子専門学校2019年度納入金/(クリエイターズカレッジ)140万5690円~142万5690円 (デザインカレッジ)132万7440円 (ミュージックカレッジ)141万5690円~143万5690円 (ITカレッジ)133万690円~133万4200円 (テクノロジーカレッジ)118万5690円~130万4200円 (医療・保育カレッジ)108万5690円~184万9440円 (スポーツカレッジ)134万5690円~134万7440円
専門学校 東京工科自動車大学校2019年度納入金/【1級自動車整備科】134万円  【エンジンメンテナンス科】133万円 【自動車整備科】133万円 (※その他諸費用別途)
東京自動車大学校2020年度納入金合計134万円/ボディクラフト科は120万円 (諸費用別。特待生はA・B・C特待生とあり1年次の授業料、実習費、施設設備費等を免除。)

東京都市大学の所在地やアピールポイント

住所:東京都世田谷区玉堤1-28-1
最寄り駅・アクセス:「尾山台」駅下車徒歩 12分

建学の精神を受け継ぎながら、進化し続ける都市型大学

「学びたい」という学生の想いから1929年に創立した「武蔵工業大学」と、日本の女子教育に新局面を開きたいと1938年に創立した「東横学園女子短期大学」。2つの大学が2009年4月に統合し、東京都市大学は誕生しました。約90年の歴史を持つ本学は、伝統的に学生全員が「研究室」に所属。多くの企業・組織との共同研究実績を持つ先生方と密にかかわることで、未来への社会貢献に欠かせない専門性と実践力を磨き上げます。創立の経緯を尊び、建学の精神は「公正」「自由」「自治」です。この精神を受け継ぎながら歴史をさらに紡ぎ、創立90周年(2019年)、創立100周年(2029年)に向けて、特色ある教育・研究を展開していきます。

学部生から大学院生までワンキャンパスで学ぶことができ、効率の良い研究環境が整う

理工学部・建築都市デザイン学部・情報工学部のある世田谷キャンパスは、東京23区内にある私立理工系大学として有数の広さを誇ります。住宅街の緑に囲まれ、自由が丘や渋谷、二子玉川、恵比寿等へのアクセスも便利です。都市生活学部と人間科学部がある等々力キャンパスは、高級住宅街である周辺環境との調和を保ってたたずんでいます。環境学部・メディア情報学部がある横浜キャンパスは、港北ニュータウンの一角にあり東京・横浜の各中心部へのアクセスが良好です。3キャンパスはシャトルバスで結ばれ、施設、設備、資料等の相互利用が容易で移動もスムーズ。光ファイバー高速デジタル専用回線で結ばれ、情報ネットワークも整備されています。

時代のニーズに応える3学科が2019年度より名称を変更し、新たにスタート

理工学部電気電子通信工学科(現・工学部電気電子工学科)は、電気・電子分野と情報通信分野の学びを融合した学科で、lotをはじめとする昨今の需要の高まりを受け、これまで以上に通信・ネットワーク分野に注力していきます。情報工学部知能情報工学科(現・知識工学部経営システム工学科)は、AI(人工知能)の発展により社内外のビッグデータ活用が重要になることに対応し、より効率の高い経営を実現するために先端研究への取り組みを発信していきます。環境学部環境経営システム学科(現・環境マネジメント学科)は、企業活動の効率化が環境貢献につながる考え方が主流になっていることに対応し、環境経済へのさらなる貢献を目指します。

東京都市大学 | スタディサプリ進路