産業能率大学の学費を神奈川県でゲーム開発関連の仕事を目指せるその他の学校11校と比較

12月 31, 2019

産業能率大学と周辺でゲーム開発関連の仕事を目指せるその他の学校の紹介スライド

産業能率大学と県内でゲーム開発関連の仕事を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

ゲーム開発関連の仕事を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
産業能率大学2019年度納入金(参考) 【経営学部】136万160円 、【情報マネジメント学部】136万160円 (※委託徴収費を含む)
東京工芸大学2020年度納入金 【工学部】158万5000円(うち入学金20万円)【芸術学部】189万5000円(うち入学金25万円)
多摩大学2019年度納入金(予定)/経営情報学部139万円、グローバルスタディーズ学部147万円
日本大学【2019年度納入金(参考)】法学部126万円/文理学部<文系学科>129~162万円 <理系学科>166~174万円(学科による)/経済学部124万円/商学部124万円/芸術学部175~195万円(学科・コースによる)/国際関係学部135万円/危機管理学部126万円/スポーツ科学部140万円/理工学部<数学科>169万円 <その他の学科>173万円/生産工学部166万円/工学部166万円/医学部635万円/歯学部690万円/松戸歯学部690万円/生物資源科学部<獣医学科>241万円 <その他の学科>138~166万円(学科による)/薬学部245万円/法学部第二部(夜間部)66万円 (※他に校友会費など若干の諸費が必要)
神奈川工科大学■2019年度納入金 【工学部】機械工学科/応用化学科163万2000円、機械工学科 航空宇宙学専攻168万2000円、電気電子情報工学科161万8000円、臨床工学科170万8000円 【創造工学部】自動車システム開発工学科/ロボット・メカトロニクス学科/ホームエレクトロニクス開発学科161万8000円 【応用バイオ科学部】応用バイオ科学科163万2000円、栄養生命科学科173万2000円 【情報学部】情報工学科/情報ネットワーク・コミュニケーション学科/情報メディア学科161万8000円 【看護学部】看護学科190万8000円 ※前・後期分納可
湘南工科大学2019年度納入金(参考) 152万9660円 (授業料は分納可)
相模女子大学2019年度納入金/134万5000円~148万5000円
文教大学■2019年度納入金/〈教育学部〉学校教育課程※138万7000円・発達教育課程※138万7000円(※2020年4月設置構想中) 〈人間科学部〉129万2000円 〈文学部〉外国語学科145万2000円・外国語学科以外の学科129万2000円 〈情報学部〉129万2000円 〈国際学部〉129万2000円 〈健康栄養学部〉149万2000円 〈経営学部〉129万2000円
東海大学【2019年度納入金】医学部医学科、工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻、教養学部芸術学科音楽学課程以外の学部/120万9200円~179万3200円(学部・学科・専攻・課程により異なる)、医学部医学科/647万3200円、工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻/196万4200円、教養学部芸術学科音楽学課程/196万2200円
明治大学●2019年度納入金(初年度)【法学部】129万8300円【商学部】129万4000円【政治経済学部・文学部・経営学部・情報コミュニケーション学部】129万9000円【理工学部】数学科/177万6000円、その他学科/179万6000円【農学部】農学科・農芸化学科・生命科学科/178万6000円、食料環境政策学科/163万2000円【国際日本学部】148万1000円【総合数理学部】現象数理学科/175万6000円、先端メディアサイエンス学科・ネットワークデザイン学科/179万6000円
鶴見大学2019年度納入金 【歯学部歯学科】515万円、【文学部日本文学科・英語英米文学科】135万円、【文学部文化財学科】148万円、【文学部ドキュメンテーション学科】147万円 ※以上、諸費(父母会費等)を除く

ゲーム開発関連の仕事を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

ゲーム開発関連の仕事を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
情報科学専門学校【2019年度納入金】118万円~128万円(入学金10~20万円含む・教材費別途)

産業能率大学の所在地やアピールポイント

住所:東京都世田谷区等々力6-39-15
最寄り駅・アクセス:「自由が丘」駅正面口から徒歩 15分,「自由が丘」駅正面口から東急コーチバス 等々力7丁目下車 徒歩5分

自由が丘の街が学びのフィールド

SANNOの授業では、流行の街・自由が丘でフィールド調査を行います。街を実際に歩き、さまざまな視点からマーケティング調査を実施。また、自由が丘商店街振興組合とSANNOがコラボし、街の3大イベントの運営に関わる授業や、自由が丘の街の案内人・セザンジュ(フランス語で天使の意味)を務めながらホスピタリティを磨く授業もあります。また石垣島を活性化させる地域創生プロジェクトにも挑戦。2018年は「石垣島の特産品を使った新商品の企画」という課題に対しプランを企画しました。SANNOは、学生が地域・企業などと協働し課題解決や活性化に挑むという、地域・企業と共に学生が“伸びる”プロジェクトに取り組んでいます。

アクティブラーニングで主体的に学ぶ、“4年後の自分に期待できる大学”

SANNOは、「入学後に生徒を伸ばしてくれる大学」(大学通信ランキング、2018年)全国10位に選ばれました。実社会ではチームで仕事をする場面が多いため、SANNOではグループワークやディスカッション、プレゼンテーションなどの「アクティブラーニング」を授業に取り入れています。1年次ゼミのクラスには1人ずつスチューデントアシスタント(SA)を配置し、上級生がグループワークをアシスト。学生が授業外で後輩や仲間の学習を支援する学生ボランティア「Shares(シェアーズ)」は、1対1でピア・サポートを行っています。このような学びの特徴や学生同士のサポートを背景として、“4年後の自分に期待できる大学”という評価をいただいています。

充実したキャリアサポート

SANNOでは、就職に向けたゼミやキャリアサポート授業が1年次からスタートします。働くことの意味や将来の目標について探究しながら、目標を見据えた大学4年間の学び方・過ごし方を考えます。2年次にはこれまで身につけた知識・スキルを活かしてインターンシップに挑戦。企業や仕事への理解を深めつつ課題も発見でき、将来の方向性を見出す絶好の機会となります。また、授業ではビジネス、情報、英語の基礎能力をはじめ、どんな仕事にも共通して役立つ力(ジェネリックスキル)をグループワーク等を通じて身につけます。キャリア支援センターとゼミ教員によるダブルサポート体制で、学生一人ひとりの「納得のいく就職」をバックアップします。

産業能率大学 | スタディサプリ進路