相模女子大学の学費を神奈川県でファッションデザイナー・パタンナーを目指せるその他の学校3校と比較

12月 30, 2019

相模女子大学と周辺でファッションデザイナー・パタンナーを目指せるその他の学校の紹介スライド

相模女子大学と県内でファッションデザイナー・パタンナーを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

ファッションデザイナー・パタンナーを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
相模女子大学2019年度納入金/134万5000円~148万5000円
桜美林大学2020年度納入金(予定) リベラルアーツ学群/136万4000円 グローバル・コミュニケーション学群/136万4000円 ビジネスマネジメント学群/136万4000円 健康福祉学群/148万4000円 芸術文化学群/156万4000円 航空・マネジメント学群*/165万4000円※フライト・オペレーションコースのみ合計285万4000円 (*2020年4月開設)

ファッションデザイナー・パタンナーを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

ファッションデザイナー・パタンナーを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
横浜fカレッジ2018年度納入金(参考) 各科とも101万2000円 (教材費別途)
横浜ファッションデザイン専門学校2019年度納入金(参考) 〈ファッションクリエイティブ科〉 昼98万円/夜53万円  〈ファッションビジネス科〉 昼98万円/夜53万円  〈ファッションデザイン科・進学課程〉昼87万円/夜48万円  〈グローバルビジネス科・進学課程〉昼87万円/夜48万円 (すべての学科で教材費別※生徒募集要項に明示/入学後納入)

相模女子大学の所在地やアピールポイント

住所:神奈川県相模原市南区文京2-1-1
最寄り駅・アクセス:「相模大野」駅から徒歩 10分

将来の夢や目的にマッチしたコースを選択。高い専門性と実践力を備えた女性を育成

3学部9学科の多彩な学びを用意。日本語日本文学科、英語文化コミュニケーション学科、子ども教育学科、メディア情報学科、生活デザイン学科のある学芸学部は、個々の興味・関心に応じたカリキュラムが選択できるコースや領域を導入。人間社会学部には社会学や法学、経済などの社会科学から心理学まで学べる社会マネジメント学科と、心理学に特化した人間心理学科があります。また、栄養科学部には実践的な栄養士を養成する健康栄養学科と、得意分野を持った管理栄養士を目指す管理栄養学科があり、夢や目的を実現するためのカリキュラムによって、専門分野に精通したプロを養成します。

桜並木や銀杏並木があり、勉強に、クラブ・サークル活動に、最高の環境が整っています

幼稚部から大学院までが同じ敷地にある相模女子大学のキャンパスの総面積は、東京ドームの約3.7個分、17万3000平方メートルという広さ。フランス庭園のしだれ桜やキャンパス奥にたたずむ“百年桜”を始め、キャンパスには桜並木があるほか、正面から続く銀杏並木など、四季の移り変わりに応じてまるで衣替えをするようにキャンパスは色鮮やかに、そして美しく彩られていきます。また、ガラス張りの外観が美しい夢をかなえるセンター内のカフェテリアは学生たちのお気に入りの場所。さらに地上6階建てのマーガレット本館のテラスも、学生たちに人気の憩いの場です。

先生と学生の距離が近いクラス担任制や少人数教育を実施しています

在学生から「先生と学生の距離が近い」という声がよく聞かれるように、本学の大きな特長の一つが、少人数制教育を1年次から実践しているということ。教員との接点を多く持てるようクラス担任制を導入し、少人数が基本の授業を数多くカリキュラムに取り入れています。

相模女子大学 | スタディサプリ進路