大阪成蹊大学の学費を大阪府で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校14校と比較

大阪成蹊大学と周辺で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校の紹介スライド

大阪成蹊大学と府内で漫画家・アニメーターを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

漫画家・アニメーターを目指せる府内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
大阪成蹊大学「2020年度納入金(予定)」経営学部(経営学科130万1160円、国際観光ビジネス学科147万9160円、スポーツマネジメント学科130万1160円)   教育学部/148万7160円 芸術学部/173万1160円(専願入試手続者は奨学金給付により153万1160円)
宝塚大学2019年度納入金/東京メディア芸術学部:170万円 (入学金20万円、授業料・施設費・維持費150万円)、看護学部:190万円 (入学金30万円、授業料・施設費・維持費160万円)
大阪芸術大学【2020年度納入金】文芸学科/145万円、初等芸術教育学科/150万円、アートサイエンス学科/165万円、美術学科・デザイン学科・建築学科/172万円、芸術計画学科・舞台芸術学科/177万円、工芸学科・写真学科・映像学科・キャラクター造形学科・放送学科/179万円、音楽学科・演奏学科/215万円 (初年度のみ入学金28万~33万円含む)
大手前大学【2019年度納入金(参考)】○現代社会学部 ○総合文化学部 ○メディア・芸術学部 入学金27万円、授業料78万円、教育充実費24万円 合計129万円 ○健康栄養学部 入学金27万円、授業料80万円、教育充実費45万円 合計152万円 ○国際看護学部(2019年4月設置) 入学金27万円、授業料100万円、教育充実費62万円 合計189万円

漫画家・アニメーターを目指せる府内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
大阪芸術大学短期大学部2019年度納入金 【メディア・芸術学科】132万円 【デザイン美術学科】133万円 【保育学科】118万円 (全て入学金・授業料・施設設備費含む)

漫画家・アニメーターを目指せる府内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
大阪アミューズメントメディア専門学校●2019年度納入金 ゲームプログラマー学科/138万円、ゲームプランナー学科/138万円、ゲーム・アニメ3DCG学科/138万円、キャラクターデザイン学科/138万円、アニメーション学科/120万円、マンガイラスト学科/125万円、ノベルス文芸学科/120万円、声優学科/127万円 (その他、教材費等が別途必要)
大阪デザイナー専門学校【2020年度納入金】134万円(入学金17万円、授業料94万円、諸費用23万円) (授業料は前・後期分割納入可。※教材・研修費別途)
日本コンピュータ専門学校【2019年度納入金】〔全学科〕127万円 ※奨学金制度で最大57万円の学費免除 (※教材費などが別途必要です)
近畿コンピュータ電子専門学校2020年度納入金(予定) 122万円
大阪情報コンピュータ専門学校2020年度納入金/105万円(延納・分納も可) (入学金12万円を含む ※その他、教科書代・新入生合宿費用・学生保険料が別途必要。)
大阪アニメーションカレッジ専門学校2020年度納入金 135万円 (教材費等別途必要)
HAL大阪■2019年度納入金 昼:96万円~153万3000円(入学金含む)、夜:46万円(入学金含む)
ビジュアルアーツ専門学校・大阪【2020年度納入金】昼間部/135万~138万5000円(入学金18万円、授業料94万円、設備費22万~25万5000円、校友会費8000円、学生補償制度費2000円) (教材、研修費別途。)
大阪総合デザイン専門学校【2019年度納入金】134万円(入学金17万円、学費117万円) (※2019年度現在 ※2019年度以降、学科・専攻を変更する場合がございます。)
大原情報デザインアート専門学校2019年度納入金 116万円(※実習・演習費、学外研修費等別途必要。コースにより異なるので詳細はお問い合せ下さい)

大阪成蹊大学の所在地やアピールポイント

住所:大阪府大阪市東淀川区相川3-10-62
最寄り駅・アクセス:「相川」駅から徒歩3分,「吹田(東海道本線)」駅からスクールバス利用で10分,「井高野」駅からスクールバス利用で5分

全授業アクティブラーニングで、自ら学びたくなる授業・カリキュラムを全学展開

全ての授業で、学生が主体的に学ぶことのできるアクティブラーニング型授業を展開。「単に講義を聴く」だけの授業ではなく、「参加し、自ら学びたくなる」授業を充実。各学部では、さまざまな企業や自治体、教育機関などの抱える課題の解決に協働して取り組むPBL(課題解決型)授業やゲストスピーカーによる授業が豊富。またゼミベースでの少人数始動のもと調査研究・フィールドワークや実習を重ね、4年次には卒業研究・卒業制作に臨みます。

短期・長期留学、海外研修への挑戦を、充実の奨学金、新校舎グローバル館で後押し。

国際観光ビジネス学科では、2度の留学で4年間を駆け上がる「STEP留学」。教育学科中等教育専攻英語教育コースでは、到達度に応じて選べる「海外英語教育演習プログラム」を用意。基本費用の全額を奨学金として大学が負担するプログラムなど手厚い奨学金制度を充実。また、各学部で、「世界で学び、世界に学ぶ グローバルアクティブラーニングプログラム」を展開。学部の専門性に応じて、海外の最先端の実践を学ぶプログラムを充実するほか、いずれのプログラムも参加者全員に奨学金を支給。2019年3月竣工のグローバル館、4人の専任ネイティブ教員が常駐する英語教育センターで、語学学習も万全。

豊富な就職イベントと、1人ひとりに寄り添う個別サポートが全国屈指の就職率の秘密。

2019年卒業生の就職率は、経営学部98.7%、教育学部100%、芸術学部98.4%と高い水準を実現。正課のキャリア教育に加え、各種資格対策講座、採用試験対策サポート、就活キックオフセミナー、学内合同企業説明会、各学部専任の就職スタッフとアドバイザー教員による個別サポートで夢の実現を後押しします。※2019年卒業生の就職者数(経営学部153名、教育学部108名、芸術学部123名)

大阪成蹊大学 | スタディサプリ進路