作陽音楽短期大学と岡山県内のその他の短大5校の学費を比較

作陽音楽短期大学と周辺の短大の紹介スライド

*スライドをタップまたはクリックで次の学校に移動できます

作陽音楽短期大学と周辺の短大の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

学校名 学費(初年度納入金)
作陽音楽短期大学 【2018年度納入金】●音楽専攻/163万円 ●幼児教育専攻/105万円 (音楽専攻:入学金30万円、幼児教育専攻:入学金25万円を含む)
中国短期大学 【2018年度納入金】総合生活学科・保育学科・情報ビジネス学科/104万円 (入学金25万円を含む、実験・実習費は別途負担)
川崎医療短期大学 【2019年度納入金】看護科/125万4000円、医療介護福祉科/123万8000円 (入学金、授業料、教育充実費、学友会費、協助会費の合計)
山陽学園短期大学 【2018年度納入金】104万円 (入学金25万円を含む。特別推薦・スポーツ特別推薦による入学者は入学金を15万円に減免)
岡山短期大学 【2017年度納入金(参考)】107万7000円 (入学金25万円を含む。後援会費、学友会費などが別途必要です)
就実短期大学 【2018年度納入金】入学金25万円、授業料45万円、教育充実費35万円/合計105万円

作陽音楽短期大学の所在地やアピールポイント

住所:岡山県倉敷市玉島長尾3515
最寄り駅・アクセス:「新倉敷」駅から北口を出て徒歩 15分

演奏家・指導者・保育士・幼稚園教諭など、音楽にかかわる幅広いキャリアを支援

音楽専攻では、将来を見据えたスタディプランを設定。「進学・演奏プラン」「指導者養成プラン」「企業・公務員就職プラン」で、それぞれの目標に応じた支援を実施します。2年間の限られた期間に音楽のプロを目指すための充実した実技指導と質の高い音楽の知識を学びます。また、幼児教育専攻では、現場経験が豊富な教員による指導と、体験型カリキュラムに加え、充実した音楽環境を用意。乳幼児の情操教育に欠かせない音楽を、ピアノが初心者の方でも上達できるのは音楽短期大学ならではです。

たくさんの演奏経験を通じ、地域の人々や子どもたちと“共感”を味わう

ピアノ、声楽、管・打楽器、弦楽器、邦楽、音楽デザイン、音楽総合など、多彩な専修で学生の可能性を広げる音楽専攻。分野ごとにそれぞれ専任の教員を配置し、徹底した個人レッスンを実施しています。日ごろの成果を披露するために、多くの演奏会を、併設するくらしき作陽大学の音楽学部とともに開催。地域の各種施設やイベントでは出前コンサートを開催するなど、より多くの実践経験を積み、地域の一般の方と音楽を通して“共感”を味わうことで、演奏技術とともに人間性も高められる環境です。幼児教育専攻においては、ピアノ初心者でも、音楽あふれる環境で演奏技術の向上を図ることができます。

音楽に強い保育士、幼稚園教諭を育成しています

幼児教育専攻では、近年高まる保育士・幼稚園教諭のニーズに応え「保育士資格」と「幼稚園教諭二種免許状」(いずれも国家資格)が取得可能。幼児の情操教育に欠かせないピアノも、音楽学科ならではのレッスンで初心者から上級者までそれぞれに合わせた演奏技術の向上を目指しています。充実した音楽環境の中で幼児音楽やリトミックなどの授業を段階的に学び、音楽を通じて子どもの心を豊かにできる先生を育成。卒業後は保育園や幼稚園で即戦力となるほか、併設するくらしき作陽大学子ども教育学部への3年次編入学も可能です。

作陽音楽短期大学 | スタディサプリ進路