日本文理大学の学費(大分県で電気技術者・電気工事士を目指せる)

12月 30, 2019

日本文理大学と周辺で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の紹介スライド

日本文理大学と県内で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本文理大学2019年度納入金(参考) 【工学部】144万3660円、【経営経済学部】123万6660円 (入学金、委託徴収金、学生教育研究関係保険含む)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

日本文理大学の所在地やアピールポイント

住所:大分県大分市一木1727
最寄り駅・アクセス:JR「大在」駅から車 5分,JR「大在」駅下車徒歩 15分

地域の発展を担う「地域創生人」を実践的プロジェクトで育成

日本文理大学は文部科学省「地(知)の拠点整備事業(Center of Community〔COC〕」に採択されています。採択された取り組みを『おおいた、つくりびと』プロジェクトと名付け、“大分”の地域をキャンパスとして、自分の身体と心で感じる主体的な学びのスタイルを大切にし、それによって得た知識や経験をもって地域の課題解決に実践的に取り組んでいます。

社会ニーズを捉えた工学部/経営経済学部 実学重視で就職に強い

工学部は社会の“当たり前”を支え、社会の“今までにない”を生み出すために4つの学科が研究に取り組んでいます。経営経済学部では、ヒトや社会を動かす経営や経済について5つの視点から実践的に学び、社会にアプローチしていきます。NBUでは、「実践型プロジェクト」を柱とした独自の「人間力育成プログラム」を展開し、「人間力」を育成しています。この独自のプログラムの特徴は、社会や企業と連携しながら様々な問題を解決していくことです。これによって社会や企業が求める力である課題解決能力やコミュニケーション能力などを身につけることができます。

奨励金制度入試が充実!特待生対象の特別プログラムも展開

複数の入試区分において、奨励金制度のある入試制度が充実。制度の内容は、Aランク(4年間の授業料全額免除)、B+ランク(4年間の授業料3/4免除)、Bランク(4年間の授業料半額免除)、Cランク(4年間の授業料1/4免除)、Dランク(入学金相当額25万円の免除)で幅広い制度になっており、更に高校での評点も一定基準をクリアした合格者は、入学金も免除になる入試があります。また、奨励金制度適用者(特待生)を主な対象に「Sクラス」を設け、講義のない時間帯を使い、特別指導を行います。難関資格取得や初年次からの就職対策、大学院への進学指導など個別指導やサポートも充実!

日本文理大学 | スタディサプリ進路