日本工学院北海道専門学校の学費を北海道で自動車整備士を目指せるその他の学校5校と比較

12月 30, 2019

日本工学院北海道専門学校と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

日本工学院北海道専門学校と道内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる道内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本工学院北海道専門学校2020年度納入金/103万5210円~157万740円
専門学校北海道自動車整備大学校【初年度納入金 2020年度(予定)】 一級自動車整備学科・二級自動車整備学科 112万円
専門学校 北日本自動車大学校2020年度納入金 【自動車工学科】104万円、【自動車整備科】104万円、【車体工学科】104万円
札幌科学技術専門学校2019年度納入金(参考)/【自動車工学科】二級自動車整備士コース[昼間]111万円、自動二輪車コース102万円、二級自動車整備士コース[夜間]75万円、【自然環境学科・バイオテクノロジー学科・海洋生物学科・建築技術学科・電気技術学科・情報システム学科】94万円 (別途実験実習費がかかります。)

自動車整備士を目指せる道内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
北海道科学大学短期大学部<2019年度納入金(参考)>【自動車工学科】130万円 (別途、その他の経費がかかります)

自動車整備士を目指せる道内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
北海道科学大学 <2019年度納入金(参考)>【工学部】150万円 【薬学部】170万円 【保健医療学部】看護学科170万円、理学療法学科155万円、義肢装具学科165万円、 臨床工学科165万円、診療放射線学科170万円 【未来デザイン学部】118万円 (別途、その他の経費がかかります)

日本工学院北海道専門学校の所在地やアピールポイント

住所:北海道登別市札内町184-3
最寄り駅・アクセス:JR室蘭本線「幌別」駅からスクールバス 10分

自然豊かなキャンパスと充実した環境

自然豊かな緑に囲まれたキャンパス。広大な敷地を有するキャンパス内には、9つの学科がそれぞれ、先進的かつ将来性のあるカリキュラムを実施。それに合わせた、充実した設備を用意。姉妹校である日本工学院専門学校・日本工学院八王子専門学校からの講師の派遣や求人の共有、北海道校を卒業後、東京校の4年制学科の3年次や姉妹校の東京工科大学へ編入が可能。このほか学費を分割で納入できる制度や奨学金制度、通学用の無料スクールバス、リーズナブルな学生食堂など経済的にゆとりをもった学生生活を送ることができます。

入料金・部屋代無料!食費・管理費の月あたり24,000円と26,000円

日本工学院なら一人暮らしもお得!学生寮を2万4000円から用意本校の学生寮は、女子寮のドミトリーほろべつ(120室)と男子寮のドミトリー千歳(275室)と合わせて2寮、部屋数395室あります。全室個室でインターネット対応、入寮金・部屋代無料、朝・夕食事付で食費・管理費は2万4000円から(暖房費年間6万円前後必要)。ゆとりある学生生活を送ることができます。通学は、本校専用の無料スクールバスがあるため、通学費もかかりません。また、学生用駐車場を完備しているため、マイカーでの通学も可能です。

企業説明会や業界セミナーを多数実施しています

就職・資格取得サポートも充実。学内で企業から直接情報を聞くことができる「業界研究セミナー」や「企業説明会」を実施し、就職支援体制も万全。就職希望調査に基づき、業界や職種の特徴、仕事内容や求められる人物像などとのマッチングを行います。また、採用試験対策から履歴書、志望動機、面接練習など、個別の悩みや心配事にきめ細かく対応するなど、手厚いバックアップ体制を整えています。資格も国家資格はもちろん、IT時代に生きるベンダー資格の取得対策も全面的にサポートしています。また、日本工学院独自の求人情報検索システム「J-Navi」により、道内および東京の姉妹校に集まる求人情報を共有でき、大きなメリットもあります。

日本工学院北海道専門学校 | スタディサプリ進路