日本大学短期大学部の学費を千葉県で自動車整備士を目指せるその他の学校2校と比較

12月 30, 2019

日本大学短期大学部と周辺で自動車整備士を目指せるその他の学校の紹介スライド

日本大学短期大学部と県内で自動車整備士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

自動車整備士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本大学短期大学部【2019年度納入金(参考)】ビジネス教養学科106万円/食物栄養学科126万円/建築・生活デザイン学科150万円/ものづくり・サイエンス総合学科150万円 ※他に校友会費など若干の諸費が必要になります

自動車整備士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本大学【2019年度納入金(参考)】法学部126万円/文理学部<文系学科>129~162万円 <理系学科>166~174万円(学科による)/経済学部124万円/商学部124万円/芸術学部175~195万円(学科・コースによる)/国際関係学部135万円/危機管理学部126万円/スポーツ科学部140万円/理工学部<数学科>169万円 <その他の学科>173万円/生産工学部166万円/工学部166万円/医学部635万円/歯学部690万円/松戸歯学部690万円/生物資源科学部<獣医学科>241万円 <その他の学科>138~166万円(学科による)/薬学部245万円/法学部第二部(夜間部)66万円 (※他に校友会費など若干の諸費が必要)

自動車整備士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
専門学校 千葉県自動車大学校2019年度納入金 128万円 (入学金30万円を含む)

日本大学短期大学部の所在地やアピールポイント

住所:東京都千代田区九段南4-8-24
最寄り駅・アクセス:JR中央・総武線「市ケ谷」駅から徒歩 2分,都営地下鉄新宿線、東京メトロ有楽町線・南北線「市ケ谷」駅A2出口から徒歩 1分

緑いっぱいの広大なキャンパスで、充実の施設・設備を併設学部と共用して学ぶ

日本大学短期大学部の大きな特色は、各学科に関連する4年制の併設学部と密接に連携していることです。学部の施設・設備を活用しながら、学部教員による専門性の高い講義・実習を行っており、学部との単位互換制度も充実しています。効率的に専門知識と実践能力を養うことができるようにコース制や主専攻分野選択制など、学生の興味や進路に合わせて選択できるカリキュラム構成になっています。また、4年制学部で専門分野をさらに追究したいという学生を対象に、編入学試験に向けた学修方法の指導や個別相談を行う支援を実施しています。学生は同じキャンパス内の関連学部をはじめ、各自の興味や進路に合わせて他学部・他学科へも編入が可能です。

現代のビジネスシーン、食と栄養の分野で幅広い資格取得をめざす「三島キャンパス」

幅広い教養や語学力、実践的なビジネススキルを身に付け、国際社会で即戦力となる人材を養成する「ビジネス教養学科」、食と栄養に関する専門知識と技術を学び、豊かな創造性を備えた栄養士を育てる「食物栄養学科」の2学科で構成される三島キャンパス。ビジネス教養学科では簿記能力検定試験、実用英語技能検定、ファイナンシャル・プランナーなどの資格支援プログラムを実施。食物栄養学科では学校や病院などでの栄養士業務も体験学修し、卒業と同時に栄養士免許を取得でき、卒業後3年間の実務経験を積むと管理栄養士の受験資格も得られるほか、製菓衛生師などの資格取得もサポートしています。緑豊かなフジビューキャンパスも大きな魅力です。

卒業生の約8割が4年制大学に編入学。理工系の総合短期大学「船橋キャンパス」

「建築・生活デザイン学科」「ものづくり・サイエンス総合学科」の2学科を設置する船橋キャンパスは、69年の歴史と伝統を有する全国でも珍しい理工系総合短期大学です。日本大学理工学部に併設され、最新の充実した教育・研究環境の下、教養教育と実践力を培う専門教育で確かな実力を養成します。入学後に専攻分野を選択できる「主専攻分野選択制度」、学修や学生生活をサポートする「グループ担任制度」、修学を支援する補充教育の実施など、少人数できめ細かい教育を展開しており、大学編入学や資格取得の支援も充実しています。卒業生の約8割が進学しており、日本大学理工学部・生産工学部へは推薦編入学の制度もあります。

日本大学短期大学部 | スタディサプリ進路