長崎短期大学の学費を長崎県でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校1校と比較

長崎短期大学と周辺でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の紹介スライド

長崎短期大学と県内でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
長崎短期大学【2019年度納入金】全学科110万円 (入学金含む・実習費等は別途徴収、前期・後期分納)

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
長崎国際大学《2019年度納入金》 ■人間社会学部(国際観光学科・社会福祉学科)/113万円 ■健康管理学部(健康栄養学科)/124万円 ■薬学部(薬学科)/215万円 (すべて入学金含む)

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

長崎短期大学の所在地やアピールポイント

住所:長崎県佐世保市椎木町600
最寄り駅・アクセス:「佐世保」駅からバス「MR大学前」下車(所要時間25分) 徒歩 20分,「佐世保」駅からバス「長崎短期大学」下車(所要時間25分) 徒歩 3分

茶道を通して社会人の基礎となる社会性や豊かな人間性を高めます

本学では、基礎教養として「茶道」を必修科目に加えています。日本古来の伝統文化「茶道」を学ぶこと、それは自然、歴史、哲学など幅広い教養を身につけ、日本人ならではの感性を磨くこと。洗練され無駄のない所作やおもてなしの心は、上質なマナーの習得だけでなく、「人」を敬う心、コミュニケーション力やホスピタリティなど職業人に求められる本質の修得につながります。6~8名の班に1名のアシスタント・ティーチャーを配置した少人数によるきめ細かな実技指導でコミュニケーション力の向上もはかります。学園祭や茶道大会、佐世保のアメリカンスクール、海外との交流など様々な場所で国や世代を超えた交流の輪を広げています。

全学科で徹底した少人数制を採用。細かなフォローで実力を養います

国際コミュニケーションコース・保育学科では、ゼミナールを開講。10名程度の少人数で構成され、専門の先生から直接指導をうけます。ゼミ活動を通して社会人・企業人・保育者として求められる様々な力を身につけることができます。先生との交流を深めるだけでなく、同じゼミの仲間との連帯感や協力・信頼関係も培われていきます。また、国際コミュニケーションコースの語学会話の授業は、習熟度別に8~12名程度の少人数クラスに分かれ、英・中・韓国語を母国語とするネイティブスピーカーの先生により毎日2年間行われます。食物科の実習は各班3、4名で実施。互いに競い合い、技術を高めることができるので、実力が身につきます。

学生の「自分作り」「自己実現」を支援する奨学金制度が充実しています

「国際教育奨学金」制度により英検準1級、TOEIC700点以上、韓国語能力試験(TOPIK)5級以上、中国語検定(HSK)5級以上取得者には5万円の奨励金を授与しています。また、授業料の全額・半額を減免する奨学生制度、沖縄県の高等学校卒業見込者を対象とした「沖縄県奨学生制度」、本学指定資格取得者を対象とした「資格特待生制度」、学内業務に従事して報酬も得られる「勤労奨学生制度」などを導入し、経済面からもバックアップ。さらに、全学科の入学者を対象に公務員や医療事務、エアライン業界をめざすプログラムも導入しています。専門学校と提携し、徹底した合格指導を行います。

長崎短期大学 | スタディサプリ進路