宮城調理製菓専門学校の学費を宮城県でパティシェ・パン職人を目指せるその他の学校5校と比較

12月 30, 2019

宮城調理製菓専門学校と周辺でパティシェ・パン職人を目指せるその他の学校の紹介スライド

宮城調理製菓専門学校と県内でパティシェ・パン職人を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

パティシェ・パン職人を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
宮城調理製菓専門学校【2019年度納入金】 ●上級調理技術科 141万円 ●調理師科 140万円 ●上級製菓製パン科 145万円 (いずれも上記以外に学科により別途教材費、制服実習服等の費用が必要となります)
仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校●2020年度納入金(予定) ホテル科ホテルコース、ブライダルプランナーコース、英語ビジネスコース、ホテルデュアルコース、国際おもてなし科 88万円/ホテルパティシエ科 120万円 ※学生会費、教材費、保健衛生管理費、検定試験料などが別途必要です
仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校|現校名 仙台コミュニケーションアート専門学校 2020年4月名称変更予定(認可申請中)2020年度納入金(予定)/126万円 (教本・教材費、海外実学研修積立金など別途)
仙台スイーツ&カフェ専門学校2019年度納入金 118万円 (※教材実習費及びその他の費用別途)
仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校|2020年4月新設予定2020年度納入金/125万5000円 (教本・教材費、海外実学研修積立金など別途)

パティシェ・パン職人を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
聖和学園短期大学2019年度納入金 <キャリア開発総合学科>127万3200円~159万3200円 <保育学科>125万400円 ※テキスト・教材・資格取得検定料等が別途必要

パティシェ・パン職人を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

宮城調理製菓専門学校の所在地やアピールポイント

住所:宮城県仙台市青葉区葉山町1-10
最寄り駅・アクセス:仙台市営地下鉄「北仙台」駅北1番出口より徒歩1分,JR仙山線「北仙台」駅より徒歩5分

「上級学科」への入学を推奨。調理師・製菓衛生師のWライセンスを取得し即戦力に!

一人ひとりの個性を開花させるため、本校では基礎を徹底的に学びます。また「即戦力となる調理師・製菓衛生師を養成するためには2年間は必要」と考え「上級学科」への入学を推奨しています。特に上級調理技術科では、調理技術はもちろん、アルコール類に関する知識、器やグラス、調理器具、食材、テーブルコーディネート、フランス語や経営ノウハウに至るまで、幅広い知識と技術をじっくり習得できます。さらに調理師科と上級製菓製パン科を備えているため、両学科を効率よく習得可能。編入希望のコースの選考を優先的に受けることができ、調理と製菓の双方の技術を学びたいという意欲のある人を応援します。2つの資格取得は就職にも有利です。

充実の設備と広さを確保した実習室で技術を磨ける。「仙台勝山館」での現場研修も魅力

全実習室平均面積が養成施設基準(40名収容実習室)の約2.7倍を確保し、技術を磨く生徒一人ひとりの実習スペースと設備に配慮。また実践力を養うための施設も充実。西洋調理実践場として、一般営業許可を受けたカフェ・レストラン、日本料理では百畳敷の大広間、製菓の実践として製菓販売ブティック、総合的な実践の場としてバンケットホールを整備し、学生主体で運営する授業を行っています。また、ブライダルから一般宴会、日本料理やイタリア料理のレストラン営業などを幅広く行っている「仙台勝山館」はグループ企業であり、実践力を磨ける現場研修の場。一流の料理人の育成のために力を入れています。

きめ細かい就職指導で、就職をサポート。老舗から有名店まで卒業生は全国で活躍中

就職を念頭においた教育を実施し、入学直後から就職ガイダンスや個人面談を繰り返し、一人ひとりの個性を活かしたきめ細かい就職指導を行っています。就職はもちろん、アルバイトの紹介も行っています。また、(社)宮城県調理師会の強力なバックアップと、創立56年という長年の実績から培われた業界との強いパイプもあり、就職もスムーズ。創立以来、高い就職率を誇っています。就職先は地域に愛される老舗から誰もが認める有名店まで多岐にわたり、全国各地で卒業生が活躍しています。

宮城調理製菓専門学校 | スタディサプリ進路