宮城学院女子大学の学費を宮城県でスポーツトレーナー・インストラクターを目指せるその他の学校7校と比較

12月 29, 2019

宮城学院女子大学と周辺でスポーツトレーナー・インストラクターを目指せるその他の学校の紹介スライド

宮城学院女子大学と県内でスポーツトレーナー・インストラクターを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

スポーツトレーナー・インストラクターを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
宮城学院女子大学2019年度納入金<現代ビジネス学部>現代ビジネス学科125万1300円<教育学部>教育学科128万2000円<生活科学部>食品栄養学科137万9370円、生活文化デザイン学科134万800円<学芸学部>日本文学科117万3800円、英文学科118万6800円、人間文化学科118万2800円、心理行動科学科125万2600円、音楽科197万8400円
仙台大学●2019年度納入金 各学科137万円

スポーツトレーナー・インストラクターを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
聖和学園短期大学2019年度納入金 <キャリア開発総合学科>127万3200円~159万3200円 <保育学科>125万400円 ※テキスト・教材・資格取得検定料等が別途必要

スポーツトレーナー・インストラクターを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
仙台医健・スポーツ&こども専門学校●2020年度納入金 スポーツ科学科/アスレティックトレーナーコース124万5000円、その他111万5000円 柔道整復科/午前集中コース142万5000円、柔整スポーツコース147万5000円 理学療法科/188万5000円 視能訓練科/124万5000円 こども保育科/95万5000円 (※教本、教材費、海外実学研修積立金等が別途必要) (※こども保育科は併修費用総額約70万円程度別途必要)
仙台リゾート&スポーツ専門学校【2019年度納入金】スポーツトレーナー科・スポーツインストラクター科(2020年4月「健康スポーツ科」より名称変更予定 計画中)・スポーツビジネス科・アスレティックトレーナー科:98万円/スポーツ保育科※:95万円 ※スポーツ保育科は、近畿大学九州短期大学通信教育課程との併修費用約65万円(3年間合計)程度別途必要(必修) (その他諸費用別途)
赤門鍼灸柔整専門学校●2019年度納入金 【鍼灸指圧科】134万円 【鍼灸科第二部】112万円 【柔道整復科】122万円  ※教材・諸経費別途約20万円~30万円
東日本医療専門学校2019年度納入金(参考) ●柔道整復スポーツ科学科/124万円 ●鍼灸スポーツ科学科/124万円 ※すべて入学金0円。全学科、教材費等が別途必要です。
仙台接骨医療専門学校●2019年度納入金 <昼間部>入学金30万円、授業料70万円、施設拡充費10万円、実験実習費10万円 合計120万円/<夜間部>入学金20万円、授業料70万円、施設拡充費10万円、実験実習費10万円 合計110万円 (※上記以外に教科書代、研修旅行費、柔道衣、白衣代等が必要<昼間部/夜間部とも>)

宮城学院女子大学の所在地やアピールポイント

住所:宮城県仙台市青葉区桜ケ丘9-1-1
最寄り駅・アクセス:市営地下鉄南北線「旭ケ丘」駅からバス 宮城学院前下車 10分,「仙台」駅西口バスプール3番および2番のりばからバス 宮城学院前下車 30分

社会のニーズに合わせた教育・研究体制が充実

4学部9学科で専門的かつ社会のニーズに合わせた教育・研究体制を充実させています。それぞれの分野で多様な資格を取得することができ、卒業まで手厚い指導を実施。「なりたい」の気持ちを叶える環境を整えています。また、MGUスタンダードという、女性に特化した基礎教育を4年間を通して実施。女性のライフデザインや、社会人としての基礎的スキルを修得する、全ての学生を対象とした基礎教育です。専門分野を探求する際の礎となり、社会に出てからもあらゆる課題や困難に立ち向かう強さとなるでしょう。

専任スタッフがマンツーマンで就職指導。大手企業にも就職実績多数

本学では早い段階からさまざまな支援プログラムを準備。学内の専任スタッフが一人ひとりと向き合い、特性に合った就職支援をしています。1年生~4年生まで就職プログラムを用意し、就職ガイダンスや実践的な就職講座を数多く開催。本学主催の企業研究会や学内企業説明会なども実施しています。就職相談は予約制、マンツーマンで対応し多くの実績を挙げています。また実際に夢を叶えた先輩たちからのサポート制度も充実。内定を獲得した4年生がサポーターとなる「ジュニアアドバイザー制度」や、各分野で活躍する卒業生に話を聞く「OGとの集いカフェ」など、就職に必要なノウハウを得られるイベントがたくさんあります。

プロジェクト型自主活動や企業・自治体とのコラボレーションなど、学生の活動を応援

学生の自主的な社会活動を応援するため、本学では「リエゾン・アクション・センター(MG-LAC)」を設立。学生たちが自主的な活動を創っていくための情報とリソースを提供し、自由にミーティングや担当の方と相談ができる「場」を提供しています。専任職員が常駐し、キャリア形成の観点から各プロジェクトをサポート。また、学生が企業や自治体などさまざまな団体と連携(コラボレーション)し、地域とつながる活動を支援します。多くの企業とのコラボレーションを通して、学生は社会にも活動の場を広げます。

宮城学院女子大学 | スタディサプリ進路