鳥取県・倉吉市で栄養士を目指せる学校1校の学費と所在地

10月 3, 2022

学校紹介スライド

*スライドをタップまたはクリックで次の学校に移動できます

倉吉市内で栄養士を目指せる学校の所在地を地図でまとめて確認

倉吉市内で栄養士を目指せる学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

倉吉市内で栄養士を目指せる短期大学の学費の一覧

倉吉市内で栄養士を目指せる短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
鳥取短期大学【2023年度納入金】<国際文化交流学科>入学金24万円、授業料69万円、教育・設備充実費20万円、合計113万円、<生活学科(情報・経営専攻/住居・デザイン専攻)>入学金24万円、授業料69万円、教育・設備充実費20万円、合計113万円、<生活学科(食物栄養専攻)>入学金24万円、授業料69万円、教育・設備充実費20万円、実習費4万円、合計117万円、<幼児教育保育学科>入学金24万円、授業料69万円、教育・設備充実費20万円、実習費5万円、合計118万円
(別途、諸会費必要)

倉吉市内で栄養士を目指せる学校の一覧(所在地とアピールポイント)

鳥取短期大学

住所:鳥取短期大学 : 鳥取県倉吉市福庭854
最寄り駅・アクセス:JR「倉吉」駅から、スクールバス(無料)で5分

2021年3月完成の多機能型施設「交流センター」
2021年3月に、創立50周年記念事業として新しく建設されました。地上3階建ての1階には、グローカルセンター(地域社会と大学をつなぐ窓口として、海外研究、地域や産官学との連携、イベントの企画、実施、学生ボランティアの相談などを行う窓口)や、保健室と一体となった相談室、コンビニを設置。2階にはイベントホールとしても活用できる中講義室(182席)やラーニングコモンズ、3階にはキャリア支援室を設置するなど、地域との交流や、学生支援の充溢を図る施設と多様な学びの空間も備えた多機能型施設です。

5つの学科・専攻で「思い描く自分」が2年後確かなカタチに!あなたと夢を繋ぎます
5つの学科・専攻での学びは、夢を実現するためのステップです。短大の2年間では、幅広い教養を学んだ上で専門的な知識と技能を身につけます。講義や演習を通じて「理論」を深く学ぶとともに、地域の企業・公共施設や保育施設などの現地で実習する機会を設けています。授業で学んだ理論を、現場での「実践」によって「自分のチカラ」に変え、社会で役立つ応用力を養います。さらに、「将来の自分」をイメージして必要な資格取得をめざしたり、地域の課題解決に取り組んだりする中で、一人ひとりの学びを深めます。同じキャンパスで異なる専門分野を学ぶ学生同士の交流も、「夢の実現」に向けての刺激になるはず!

地元でも一目置かれる「とりたん」出身者。就職支援プログラムで強力にサポート!
2021年3月卒業生の就職率は99.6%(就職者数235名)と高く、資格を活かした専門職や地元への就職を実現。その実績を支えるのが、1年次から行われる就職支援プログラムの開講にあります。ガイダンスや公務員模擬試験を2年次後期まで何度も行い、段階によって指導の内容をステップアップしていきます。2年次には、具体的な面接講習会や、社会人デビューに備えたマナー講習会も行われます。また、一人ひとりの夢の実現のために、キャリア支援課も置かれています。早い段階から卒業後の進路を考えて各自の目標を設定し、それに向かって学生生活が過ごせるように、話し合いながらきめ細かなサポートをしています。鳥取短期大学 | スタディサプリ進路