國學院大學の学費を神奈川県でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校15校と比較

國學院大學と周辺でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の紹介スライド

國學院大學と県内でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
國學院大學【2019年度納入金】文学部/121万8300円 神道文化学部/121万8300円 法学部/121万9300円 経済学部/121万8300円 人間開発学部/121万9300円 ※納付金額は別途諸費(父母会費・学会費等)が加算されます。
桜美林大学2020年度納入金(予定) リベラルアーツ学群/136万4000円 グローバル・コミュニケーション学群/136万4000円 ビジネスマネジメント学群/136万4000円 健康福祉学群/148万4000円 芸術文化学群/156万4000円 航空・マネジメント学群*/165万4000円※フライト・オペレーションコースのみ合計285万4000円 (*2020年4月開設)
関東学院大学■2019年度納入金/<国際文化学部>136万9660円<社会学部>136万9660円<法学部>137万3660円<経済学部>136万4160円<経営学部>136万4160円<理工学部情報ネット・メディアコース>173万9660円<理工学部情報ネット・メディアコース以外>170万9660円<建築・環境学部>170万9660円<人間共生学部コミュニケーション学科>144万4660円<人間共生学部共生デザイン学科>154万4660円<教育学部>154万6660円<栄養学部>154万9660円<看護学部>192万7660円
東海大学【2019年度納入金】医学部医学科、工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻、教養学部芸術学科音楽学課程以外の学部/120万9200円~179万3200円(学部・学科・専攻・課程により異なる)、医学部医学科/647万3200円、工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻/196万4200円、教養学部芸術学科音楽学課程/196万2200円
多摩大学2019年度納入金(予定)/経営情報学部139万円、グローバルスタディーズ学部147万円
産業能率大学2019年度納入金(参考) 【経営学部】136万160円 、【情報マネジメント学部】136万160円 (※委託徴収費を含む)
フェリス女学院大学2019年度納入金 【文学部/国際交流学部】133万1300円 【音楽学部】153万7800円 (フェリス女学院大学独自の奨学金制度[貸与・給付]のほか、各種奨学金制度が充実)
文教大学■2019年度納入金/〈教育学部〉学校教育課程※138万7000円・発達教育課程※138万7000円(※2020年4月設置構想中) 〈人間科学部〉129万2000円 〈文学部〉外国語学科145万2000円・外国語学科以外の学科129万2000円 〈情報学部〉129万2000円 〈国際学部〉129万2000円 〈健康栄養学部〉149万2000円 〈経営学部〉129万2000円
明治学院大学★2019年度納入金(参考)/【英文学科】126万3150円、【フランス文学科】126万9160円、【芸術学科】138万8960円、【経済学科】126万6480円、【経営学科】126万6480 円、【国際経営学科】148万6480 円、【社会学科】127万460円、【社会福祉学科】127万460円、【法律学科】129万3960円、【消費情報環境法学科】129万3960円、【グローバル法学科】153万1780円、【政治学科】128万2460円、【国際学科】133万5400円、【国際キャリア学科】150万400円、【心理学科】134万3460円、【教育発達学科】140万960円
神奈川大学■2020年度納入金(予定) 法学部・経済学部/117万5800円、経営学部・人間科学部/117万6300円、外国語学部・国際日本学部/127万6300円、理学部・工学部/152万3300円
日本大学【2019年度納入金(参考)】法学部126万円/文理学部<文系学科>129~162万円 <理系学科>166~174万円(学科による)/経済学部124万円/商学部124万円/芸術学部175~195万円(学科・コースによる)/国際関係学部135万円/危機管理学部126万円/スポーツ科学部140万円/理工学部<数学科>169万円 <その他の学科>173万円/生産工学部166万円/工学部166万円/医学部635万円/歯学部690万円/松戸歯学部690万円/生物資源科学部<獣医学科>241万円 <その他の学科>138~166万円(学科による)/薬学部245万円/法学部第二部(夜間部)66万円 (※他に校友会費など若干の諸費が必要)

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
上智大学短期大学部【2019年度納入金(参考)】121万2425円  ※学業成績が良好であるにもかかわらず、経済的理由で学業の継続が困難と認められる学生に対し、授業料全額相当額、授業料半額相当額、授業料1/3相当額を給付する「新入生奨学金」と「修学奨励奨学金」等があります。他に「日本学生支援機構奨学金」などがあります。

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
外語ビジネス専門学校2019年度納入金 81万8000円~115万円(学科によって異なります)
グレッグ外語専門学校横浜校2020年度納入金 全学科全コース共通137万円(入学金・教材費含む) ※入学者全員にGREGG特別奨学金39万円給付=実質学費98万円。 グレッグ独自の特待生制度「チャレンジ20」による学費減免あり
グレッグ外語専門学校2020年度納入金 全学科全コース共通137万円(入学金・教材費含む) ※入学者全員にGREGG特別奨学金39万円給付=実質学費98万円。グレッグ独自の特待生制度「チャレンジ20」による学費減免あり
横浜fカレッジ2018年度納入金(参考) 各科とも101万2000円 (教材費別途)

國學院大學の所在地やアピールポイント

住所:東京都渋谷区東4-10-28
最寄り駅・アクセス:「渋谷」駅から徒歩 約13分,「渋谷」駅から都営バス 10分 国学院大学前下車 すぐ

日本を世界に発信する人材を輩出する、創立137年の伝統校

國學院大學は、日本の私立大学として最も長い歴史を誇る大学です。国史・国文・国法を学ぶ研究機関として1882(明治15)年に創立し、以来、その名に掲げる「国学(=日本を学ぶ)」の大学として研究と教育を重ねてきました。本学では、自文化である日本文化を理解した上で異文化も理解し、日本を世界に向けて発信できることが真のグローバル化であると捉えています。そこで留学生と一緒に“英語で”日本文化を学ぶ授業『Japan Studies』など、大学の強みを活かしたグローバル教育も数多く実践しています。國學院大學で4年間の学びを通じて、日本をより深く見つめ直し、世界へ発信していくことは、皆さんの可能性をさらに広げることでしょう。

国家公務員総合職など、プロフェッショナルをめざすキャリアプログラム「K-PLAS」

めざすキャリアを実現するためには、早めに動き出すことが肝心です。入学直後から始まる國學院大學のキャリアプログラム「K-PLAS(ケープラス、KOKUGAKUIN Progressive Leaning Assistive System)」では、「国家公務員総合職」「公認会計士」という難関突破に向けて、独自の3STEPメソッドにより学生のモチベーションを高め、4年間の学習を徹底的にサポートします。さらに2年次後期の選考試験を通過した学生には、奨学生として外部講師による専門講座などを受講できる奨学金制度も用意しています。そのほかにも、簿記や行政書士をはじめとする各種資格取得へ向けて、割引価格で受講できる「スキルアップ講座」も多数あります。

キャンパスは、アクセス抜群の渋谷&横浜たまプラーザ!

文・神道文化・法・経済の4学部の学生は4年間、渋谷キャンパスで学びます。渋谷キャンパスは渋谷駅から徒歩約13分、表参道駅と恵比寿駅からは徒歩約15分と、アクセス抜群の立地です。閑静で緑豊かなキャンパス内には、人文社会科学研究における国内屈指の図書館として知られる國學院大學図書館をはじめ、貴重な学術資料を収蔵する國學院大學博物館など、充実の施設・設備がそろっています。人間開発学部の学生は4年間、横浜たまプラーザキャンパスで学びます。広大なグラウンドやトレーニングルーム、次世代の教育に対応するICT教室などを完備。アットホームな雰囲気のもと、教育者や保育者などをめざす学生の夢をサポートしています。

國學院大學 | スタディサプリ進路