金沢工業大学の学費を石川県で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校1校と比較

12月 30, 2019

金沢工業大学と周辺で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の紹介スライド

金沢工業大学と県内で電気技術者・電気工事士を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
金沢工業大学2019年度納入金 入学金/20万円(入学手続時)、授業料/134万3000円、合計/154万3000円 (このほか諸会費2万9700円が必要です)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

電気技術者・電気工事士を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
金沢科学技術大学校2019年度納入金/入学金15万円、授業料38万~50万円、実習費30万~35万円、設備費15万円 合計98万~115万円(学科により異なる)

金沢工業大学の所在地やアピールポイント

住所:石川県野々市市扇が丘7-1
最寄り駅・アクセス:金沢駅から兼六園口8番のりば発 金沢工業大学行バス 30分

AIを活用して社会性のある研究課題を発見。解決策は具体化し、実験、検証、評価

工学教育の世界標準「CDIO」(Conceive 考え出す→Design 設計する→Implement 実行する→Operate 操作・運用する)を正課・課外で実践します。学生自らが世代・分野・文化を超えてプロジェクトを組み、AIやIoT(Internet of Things)を活用しながら社会的価値を持つ研究課題を発見。創出した解決策は具体化し、実験、検証、評価していく中で、未来にチャレンジする研究力を身につけます。2018年3月卒業生の就職率は99.9%(就職者1,249名)、63.4%(792名)が上場・大手企業、公務員へと進むなど、全国で活躍しています。

研究で国連のSDGsに貢献。第1回「ジャパンSDGsアワード」内閣官房長官賞受賞

「SDGs」(Sustainable Development Goals)とは、「誰一人取り残さない世界」の実現に向けて国連全加盟国が達成を目指す、世界を変えるための17の目標と169のターゲットのことです。KITでは全学部・学科の学生が受講可能なSDGsに特化した授業を実施。学生は身近な社会課題と地球規模課題を結びつけ、各学科の強みを生かしたSDGs関連プロジェクトを創出しています。こうした取り組みが評価され、第1回「ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞を受賞しています。

国立大学標準額との差額を給付「特別奨学生制度」

KITの特別奨学生制度は、「自ら考え行動する技術者」に向けて、「授業等の正課」と「KITオナーズプログラム等の課外活動」の両面で優れた成果を収め、リーダーとなる人材の育成を目指す制度です。特別奨学生には、「リーダーシップアワード生」の名称を与えると共に、奨学金を給付します。スカラーシップフェローには国立大学標準額との差額が、スカラーシップメンバーには年額25万円が給付されます。(2019年度実績)

金沢工業大学 | スタディサプリ進路