服飾系の学校を卒業後の気になる年収まとめ(職種別)

9月 24, 2018

進路を決める上で、卒業後にどのような道に進めるか、そしてプロとしてお仕事を続けていく中でどれくらいのお給料をもらえるのかは重要な要素ですよね。

服飾系の学校を卒業した場合に、ファッション・アパレル業界のお仕事で一体いくらくらいのお金を稼げるのか、最新の情報に基づいてまとめました。

(資料提供:クリーデンス)

 

作る

デザイナーの平均年収

25-29歳:314万円

30-34歳:377万円

35-39歳:442万円

 

パタンナーの平均年収

25-29歳:297万円

30-34歳:348万円

35-39歳:376万円

 

生産管理の平均年収

25-29歳:339万円

30-34歳:374万円

35-39歳:409万円

 

売る

VMD(ビジュアルマーチャンダイザー、ディスプレイ担当)の平均年収

25-29歳:382万円

30-34歳:386万円

35-39歳:482万円

 

店長・オーナーの平均年収

25-29歳:344万円

30-34歳:391万円

35-39歳:414万円

 

販売の平均年収

25-29歳:295万円

30-34歳:329万円

35-39歳:352万円

 

伝える

MD(マーチャンダイザー)・バイヤーの平均年収

25-29歳:379万円

30-34歳:434万円

35-39歳:499万円

 

広報・プレスの平均年収

25-29歳:378万円

30-34歳:454万円

35-39歳:520万円

 

営業の平均年収

25-29歳:376万円

30-34歳:425万円

35-39歳:462万円

 

まとめと、卒業生の現在が分かる資料のご案内

いかがでしたか?

ファッション・アパレル業界には、ここで紹介した以外にもスタイリストやサンプルメーカーでの縫製など数多くの仕事があります。

また、平均年収として紹介した数字もあくまで目安のもので、「MD・バイヤー」などとひとくくりにしても実際の収入や仕事内容には大きな違いがあると言われています。

そうした服飾系の専門学校の卒業生の進路について、各学校が詳しい情報をまとめた資料を無料で提供していることを、みなさんはご存知ですか?

内容は毎年更新されている学校が多いので、たとえば高校1年生で資料を請求すると、2年生・3年生になるたびに最新の資料を請求すると、3年分の資料を集めることができます。

専門学校情報をまとめたサイトでは、「地域」×「職種・仕事」などの組み合わせで、自分の通いたい地域の学校を検索することができます。

ファッション・アパレル業界での先輩たちの働き方と学校生活のイメージを深めるためにも、是非この機会に無料で手に入る学校資料を請求してみてください。