専門学校 日経ビジネスの学費を沖縄県でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校4校と比較

専門学校 日経ビジネスと周辺でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の紹介スライド

専門学校 日経ビジネスと県内でホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
専門学校 日経ビジネス2019年度納入金/●公務員ビジネス科・公務員速成科(1年)・キャリアビジネス科・メディカルスタッフビジネス科・エアラインビジネス科・国際リゾート観光科・国際英米学科(客室乗務員英語コース)78万円、●国際英米学科(英語コミュニケーションコース)92万円※公務員速成科以外は全て2年制。※学費は全て入学金10万円を含む。別途、テキスト代などの諸経費が必要。英語コミュニケーションコースは2年間の学費に海外短期留学費用を含む。 (エアラインビジネス科と国際リゾート観光科の視察研修費は別途自己負担・約25万円)
インターナショナルリゾートカレッジ2019年度納入金 エアラインビジネス科、エアポートビジネス科、ホテル・ブライダル科、ワールドトラベル科/80万円、グローバルビジネス科/90万円 ※入学金含む/テキスト、教材費、検定費用、海外留学・短期留学費用等は別途負担となります (学科により異なります)
沖縄ビジネス外語学院2019年度納入金 ●エアラインコース 82万円 ●ビジネス英語コース・通訳翻訳コース・リゾート観光コース 80万円 (※入学金10万円含む。テキスト・教材費・研修費・留学費用等は別途負担となります)
沖縄ブライダル&ホテル観光専門学校2020年度納入金【全学科】67万円 ※教材実習費及びその他の費用は別途

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

ホテルスタッフ・コンシェルジェを目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
名桜大学2019年度納入金【地域内(沖縄本島北部12市町村)】○国際学群/70万5460円 ○人間健康学部スポーツ健康学科/70万5460円 ○人間健康学部看護学科/72万4100円 【地域外(沖縄本島北部12市町村を除く県内,県外,留学生)】○国際学群/83万460円 ○人間健康学部スポーツ健康学科/83万460円 ○人間健康学部看護学科/84万9100円

専門学校 日経ビジネスの所在地やアピールポイント

住所:沖縄県沖縄市諸見里1-25-1
最寄り駅・アクセス:ゆいレール「旭橋」駅から徒歩2分 那覇バスターミナルより路線バス乗車(乗車時間60分)「諸見」バス停下車 徒歩1分

NIKKEIで夢をつかみ取る!学んだ知識と技術を生かして憧れの業界で活躍。

NIKKEIの卒業生は、自分のやりたいことを見つけて学び、その業界で幅広く活躍しています。一人ひとりの夢を叶えるために、入学時から卒業まで徹底したサポートが用意されています。1年次は自分を知り、やりたい仕事を見つける期間。企業見学、OB/OG訪問、就職研修、電話/業務実習、などを通して知識を深め、社会人としての心構えを学びます。2年次は気になる企業を深く知り、進路を決める期間。インターンシップ、学内企業説明会、フレッシュマン研修などにより、学んだ知識を現場で実践し、自分のものとして磨きあげていきます。就職直結型のインターンシップや(株)日経就職でき~るの就職バックアップが企業と学生を強く結びつけます。

目指す業界や職種で求められる資格を取得!資格を武器になりたい自分に。

NIKKEIでは、それぞれの学生が希望する業界や職種で役立つ専門的な資格や試験にチャレンジすることができます。公務員試験や国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士、日商簿記検定など毎年多くの学生が資格に挑戦しています。また、多彩な姉妹校・グループ校を展開する日経教育グループ(資格の学校TAC、TPS思考能力研究会)ですので、本人または家族には様々な特典があります。専門学校卒業後、税理士を目指したいなどさらに学びたい方には資格の学校TACで2年間の受講料免除(約70万円)など、難易度の高い資格取得へ向け支援しています。詳しくは入学アドバイザーへお問い合わせ下さい。

学費の不安・心配を解消。学生を支える入学金・授業料免除制度。

入学前から入学後まで学生を支える、学費の免除制度が用意されています。入学時は、兄弟姉妹・入学金免除制度(10万円)、親子二世代・学費免除制度(20万円)、日経教育グループの受講生割引があります。また、2年次対象授業料免除制度は、2年次に進級する全員が対象となります。これは1年次の成績・検定取得状況・出席状況が優良である等の条件を満たす学生対象に、授業料の全額・半額または一部を免除する制度となっています。さらに2016年度より意欲と能力のある学生が経済的な理由から修学を断念することがないよう、新たな授業料減免制度を導入しました。これは、生活保護受給世帯の方を対象に、年間20万円を減免するものです。

専門学校 日経ビジネス | スタディサプリ進路