東京都・文京区で栄養士を目指せる学校2校の学費と所在地の一覧

10月 3, 2022

学校紹介スライド

*スライドをタップまたはクリックで次の学校に移動できます

文京区内で栄養士を目指せる学校の所在地を地図でまとめて確認

文京区内で栄養士を目指せる学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

文京区内で栄養士を目指せる私立大学の学費の一覧

文京区内で栄養士を目指せる私立大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
日本女子大学2023年度納入金(予定)/【家政学部】児童・被服学科139万860円、食物学科(食物学専攻)152万860円、食物学科(管理栄養士専攻)152万930円、住居学科147万860円、家政経済学科129万860円 【文学部】129万860円 【人間社会学部】129万860円 【理学部】159万860円 【国際文化学部】134万860円
東洋大学【2023年度納入金(予定)】■文・経済・経営・法・社会学部 119万円(文学部 教育学科・初等教育専攻:133万円/社会学部 国際社会・社会心理学科:120万5000円、メディアコミュニケーション学科:120万円)■国際・国際観光学部 126万円■情報連携学部 151万円■理工学部 159万5000円■総合情報学部 149万円■生命科・食環境科学部 159万円■第2部・イブニングコース(夜)全学部:71万5000円 ※福祉社会デザイン学部、健康スポーツ科学部(いずれも2023年4月設置予定)は未定。決定次第、大学Webサイトにてお知らせします。

文京区内で栄養士を目指せる学校の一覧(所在地とアピールポイント)

日本女子大学

住所:目白キャンパス : 東京都文京区目白台2-8-1
最寄り駅・アクセス:JR山手線「目白」駅から徒歩 15分
東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅から徒歩 8分
東京メトロ有楽町線「護国寺」駅から徒歩 10分
都電荒川線「鬼子母神前」停留所から徒歩 10分
「目白」駅から直通バス5分 「日本女子大前」下車すぐ

少人数による教育、文理融合の多様な連携で学ぶ女子の総合大学
本学は文系から理系まで、文理融合の多様な連携で学べる女子の総合大学です。授業は約3,000科目を開講し、専門科目に加えて多様な時代に活躍するための力を育む学際的な基盤教育科目も設置しています。また全学部を対象に「キャリア教育」「社会連携教育」、2021年に文部科学省が定める『数理・データサイエンス・AI教育プログラム』に認定された「AI・データサイエンス・ICT教育」の三つの教育認定プログラムを設置、これらのプログラムを履修することにより、豊かな思考力・表現力・実践力を身につけます。教員と学生の距離が近く、全学科で少人数のゼミ式の授業を展開。卒業論文(卒業研究・卒業制作)の作成は全学科必修です。

新しく整備された交通至便のキャンパスに全学部が統合
創立120周年を迎えた2021年4月、本学卒業生であり世界的な建築家 妹島和世氏のグランドデザインによる新たな目白キャンパス(東京都文京区)での新しい学びが始まりました。人間社会学部が西生田キャンパスから移転、創立の地目白キャンパスに家政学部、文学部、人間社会学部、理学部が統合。2023年に国際文化学部が開設、2024年には建築デザイン学部(仮称)が設置予定(構想中)であり、私立の女子総合大学として文理融合の多様な連携が本格化します。創立者・成瀬仁蔵の教育方針である「自学自動」、すなわち自ら学び、自ら行動する学習姿勢を育む環境で、新しい明日を共に創る人材を育てています。

各種ガイダンスなど充実したサポートが魅力の日本女子大学キャリア支援
本学の就職支援は、女性としてキャリアを積みながらその後の仕事や人生をいかに充実したものにしていくか、という質の高い就職の実現を重視しています。キャリア支援課が中心となり各機関と連携しながら、様々なキャリア支援プログラムを1年次から展開しています。長年の経験による「女性の就職に関する支援体制」が確立しているため、他では手に入らないオリジナル資料も多く提供することができます。このような伝統ある支援体制による強力なバックアップの結果、2021年3月卒業生の就職率は98.4%(就職者1,289名)、内定先満足度のアンケート結果は96.6%になっています。日本女子大学 | スタディサプリ進路

東洋大学

住所:白山キャンパス : 東京都文京区白山5-28-20
最寄り駅・アクセス:都営地下鉄三田線「白山」駅から徒歩 5分
東京メトロ南北線「本駒込」駅から徒歩 5分

次代を担う「多様性を受容し、豊かに支え合う社会を創造する人財」を育成
2014年度に文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」に採択された東洋大学では、アジアのハブ大学となるべく国際化を進めてきました。地球規模の視点から物事を捉え、自分の未来を切り拓くことのできるグローバル人財を育成するために、多彩な取り組みを行っています。2021年度には文部科学省「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」にも採択され、教育のDXを推進しています。そして2023年4月には福祉・健康・スポーツ科学の2学部5学科を赤羽台キャンパスに設置(予定)、2024年4月には生命科学・食環境科学の2学部6学科を朝霞キャンパスに集約(予定)するなど、日本の知を牽引する大学としてさらなる深化を目指します。

「学びたい意欲」を大切に。第2部・イブニングコース(夜)
「学びたい意欲」を応援する東洋大学では、6学部8学科710名という定員で第2部・イブニングコース(夜)への門戸を広げています。学費をできる限り低額に抑えるとともに、大学独自の奨学金を充実させて経済的負担を軽減。学生が安心して学業や学生生活に打ち込むことのできる環境を整えています。さらに第2部・イブニングコースを第一志望とする受験生向けに、「独立自活」支援推薦入試を用意しています。これは日中は白山キャンパス内の大学事務局で働きながら夜間に学ぶことを前提とした入試で、学費の半額が支給される奨学金で残りの学費を勤務による給与で賄い、働きながら自分の力で学びたい学生を支援する東洋大学独自の推薦入試です。

個性豊かなキャンパスで過ごす、充実した4年間
東洋大学では、2024年4月に予定する14学部49学科・専攻への再編に向けて、キャンパスの移転・開設を順次進めています。東京・北区の「赤羽台キャンパス」〔写真〕は、情報連携学部のほか、2023年4月からは福祉社会デザイン学部※と健康スポーツ科学部※を合わせた情報・福祉・スポーツ科学の3学部の拠点となる予定です。さらに2024年4月には埼玉県の「朝霞キャンパス」に、生命科学と食環境科に関わる2学部を集約する予定です。東京・文京区の「白山キャンパス」は文系7学部、埼玉県の「川越キャンパス」は理工学部と総合情報学部の2学部の拠点として、引き続き学生の皆さんのキャンパスライフを支えていきます。※2023年4月設置予定東洋大学 | スタディサプリ進路