びわこ学院大学の学費を滋賀県で保育士・幼稚園教諭を目指せるその他の学校3校と比較

12月 31, 2019

びわこ学院大学と周辺で保育士・幼稚園教諭を目指せるその他の学校の紹介スライド

びわこ学院大学と県内で保育士・幼稚園教諭を目指せるその他の学校の学費(初年度納入金)を一覧表で比較

※掲載されている初年度の学費には入学金などが含まれるため、2年目以降の学費よりも金額が大きくなっています。
在籍期間を通しての学費の合計金額を正確に知りたい場合は、リンク先のページから無料で請求できるパンフレットなどを参考にしてください。

保育士・幼稚園教諭を目指せる県内の大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
びわこ学院大学2019年度納入金 入学金23万円、授業料83万円、施設費27万円 合計133万円 (その他、取得をめざす免許・資格によって実習費が必要となります)

保育士・幼稚園教諭を目指せる県内の短期大学の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)
滋賀文教短期大学2019年度納入金 【国文学科:入学料22万円、授業料54万円、教育充実費38万円/合計114万円】、【子ども学科:入学料22万円、授業料56万円、教育充実費38万円/合計116万円】
びわこ学院大学短期大学部2019年度納入金 入学金23万円、授業料76万円、施設費24万円 合計123万円 【ライフデザイン学科/児童学コース、介護福祉コース、キャリアデザインコース】 (児童学コース・介護福祉コースは実習費が別途必要です。)
滋賀短期大学2019年度納入金 入学金20万円、授業料72万円、施設設備費30万円 合計122万円

保育士・幼稚園教諭を目指せる県内の専門学校の学費の一覧
学校名学費(初年度納入金)

びわこ学院大学の所在地やアピールポイント

住所:滋賀県東近江市布施町29
最寄り駅・アクセス:JR「近江八幡」駅からスクールバス 18分,近江鉄道「大学前(滋賀県)」駅から徒歩 1分

教育と福祉を総合的に学び、子どもやスポーツ教育のスペシャリストを養成します

子どもを取り巻く環境にはいじめ・不登校・発達障害など、さまざまな問題があります。本学ではこれら複雑・多様化した子どもの問題に適切な対応ができ、子どもたちの健やかな成長をサポートできる人材の育成をめざしています。教育と福祉を融合した学びのスタイルで、子どもの発達・教育・福祉をトータルに考えられる「子どもやスポーツ教育のスペシャリスト」を養成します。また、子どもの精神的なサポートや保護者・地域社会への働きかけもできる教育者・保育者・スポーツ指導者をめざします。教育と福祉に関する幅広い専門領域を総合的に学べる柔軟なカリキュラムにより、複数の免許・資格の取得も可能です。(一部制限あり)

学生一人ひとりの現状を把握し、きめ細かくサポートできる少人数教育

1・2年生はクラス(1クラス平均10名)、3・4年生はゼミ(1ゼミ平均4名)の担当教員が個別カルテ「学修の記録」(入学時から学生自らが記録する独自のポートフォリオ)をもとに、個別面談を中心に学生一人ひとりの夢の実現に向けてきめ細かくサポートします。学業や学生生活など何でも相談できる教員が身近におり、同じ目標を持った仲間と刺激しあいながら学べる理想的な環境です。さらに、教育・保育・福祉などの現場で実践力を養う「教育ボランティア」や就職試験対策講座など、1年次から受けられる充実したキャリア支援では、少人数制を活かし一人ひとりの希望に合わせた指導も行っています。

卒業生が毎年、教員採用試験に合格!独自の支援プログラムで先生になる夢をかなえる!

先生になる夢をかなえる独自の支援プログラムは1年次からスタート。1年次から参加できる「教育ボランティア」は、学校や保育所などの現場で実際に活動することで、実践力を養います。また、難関とされる教員採用試験や公務員試験(幼稚園教諭・保育士など)に向けて、「基礎学力養成講座」や本番さながらの雰囲気で行う模擬面接・ピアノ演奏などの「採用対策直前講座」など、採用試験対策も充実しているため、卒業生が毎年、公立学校(小学校教諭・養護教諭)、公立幼稚園・保育所の採用試験に合格し夢を叶えています。

びわこ学院大学 | スタディサプリ進路